「関連会社」カテゴリーアーカイブ

MBK ブランド自動二輪車の終焉

TRICITY 300 のことを調べていて、ふと MBK 版の TRYPTIK 300 も出るのかなと調べたのが始まり。そこで、手元の資料を見て MBK の自動二輪車2019年モデルが全く発売されていないことに気が付いた。

MWS125 2018 BU57 [TRYPTIK 125]
MWS125 2018 BU57

とうとうヤマハは MBK ブランドで自動二輪車を発売するのをやめってしまったようである。MBK の web ページも2018年に入ってからずっと工事中のままであるし。


手元の資料から、MBK ブランドで販売された最後と思わる2018年モデルの一覧を出してみた。2018年モデルであるので、2017年中に発表しているモデルである。

code name pet name yamaha name
1GB6 NS50F NITRO 4T AEROX 4
2ACP YN50FU OVETTO 4 NEO’S 4
BV38 GPD125-A OCITO NMAX 125
BW55 LTS125-C FLIPPER D’ELIGHT
BR78 MWS125-A TRYPTIK TRICITY 125
BU57 MWS125-C TRYPTIK TRICITY 125
BL22 YP125RA EVOLIS 125 XMAX 125
3VPC YP400 EVOLIS 400 XMAX 400

2017年モデルでは、上記以外に BOOSTER, STUNT, MACH G, EVOLIS 300 もラインナップしていた。
21世紀最初の頃は、UK やフィンランドなどヨーロッパ各地で MBK ブランドの自動二輪車を発売していたが、2008頃からはフランスとベルギー向けのみとなって、とうとうそれもやめてしまったこととなった。

販売店はどうなったのか、Google 検索や地図検索で確認してみた。自転車販売店では、そのままの看板で継続して MBK 製品を売っているようであった。自動二輪車販売店ではヤマハの看板にしたり、MBK をやめてしまっていたり、MBK の看板のままだったり。

自転車周りでは未だ MBK ブランドは使われているし、フランス工場製自動二輪車のパーツカタログにも MBK Industrie と書かれているところから、ヤマハは完全に MBK の名前を消してしまう訳では無いようである。と言っても、Motobécane から MBK へとなって継続されたものの、自動二輪車のブランドとして消えてしまうのは寂しいところ。

SOQIとは

YZF-R1 の資料(英語)を眺めていたら、フロントフォークが 4C8 は KYB 製、14B は SOQI 製と書いてあった。V-MAX 向けに SOQI 製のフロントフォークがあるのは知っていたが、そもそも SOQI とはどこの会社なのか疑問に思って調べてみた。

YZF-R1 2009 14B1 Front Fork
YZF-R1 14B1 Front Fork

先に答えを言うと、SOQI は創輝株式会社のブランド名で、その創輝という会社は現在ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社になっている。創輝はヤマハモーターパワープロダクツになったが、サスペンションを含めた油圧製品については、ヤマハモーターパワープロダクツから分社したヤマハモーターハイドロリックシステム株式会社が製作している。


ヤマハモーターハイドロリックシステム株式会社(以下、YHS)の web ページには、「オーリンズブランドを冠した純正フロントフォークの共同開発・生産を請け負っています」とあるように、オーリンズブランドでの製造もおこなっている。簡単に言うと、「ヤマリンズ」などと呼ばれているもの。

YZF-R1M 2015 2KS1 Front Fork
YZF-R1M 2KS1 Front Fork

この YHS だが、創輝から調べてみるとホスクの名前が出てきたり、昌和製作所の名前が出てきたりとなかなか興味深い。簡単にだが、まとめてみた。

昌和製作所~創輝~ヤマハモーターパワープロダクツ

創輝の前身は昌和製作所と榛葉シボリ製作所で、ヤマハ発動機よりも古い会社である。榛葉シボリ製作所の「シボリ」は絞り加工のことで、金属板を圧縮加工する工法のこと。なので金属加工を行う会社ということがわかる。昌和製作所は日本高速機関を吸収合併しており、ヤマハの4ストロークモデル開発は、日本高速機関(ホスク)からの流れが大きく影響していたようである。

さらに、昌和製作所を創業した小島和三郎は、日本計算器販売という会社も創業しており、後のインテルのプロセッサに繋がっていき、と書いていきたいが話が違ってくるのでこの辺で。