2020年モデル その2 (120~125cc)

今日は2020年モデルのうち、排気量が 120cc~125cc の 125cc クラスについてを。アジアの中でも法規上 125cc 制限の区切りがない国では、排出ガス規制と共に 150cc クラスに移行していることもあって、モデル数は減っていると思っていた。しかし、数えてみると昨年の106モデルから114モデルと少し増えていて、インドでの LCG125 / LCX125 発売がモデル数増加の大きな要因となっている。

GQR125 B8R1 [CYGNUS GRYPHUS]
GQR125 B8R1

2020年モデルの 125cc クラス一覧を書いていて、昨年2019年モデルの 125cc クラス一覧でいくつか誤記を見つけたため、昨年のモデル一覧を修正をしていたりする。仕向け国を間違っていたり、カナダ向け YW125 に ZUMA と入れてしまっていたりである。この感じだと、今年もいくつか間違いが入ってそうである。


今回のメインというか、125cc クラスしかないけど、2020年モデルの一覧を。ざっと 125cc クラス一覧の表を眺めると、YC125 も終了してしまったので、スクーター以外の公道モデルが少なくなった印象である。

name code country remarks
XTZ125E 1SBG メキシコ
XTZ125E 1SBH 南アフリカ
XA125 2BKF ペルー CYGNUS Z
XA125 2BKG ペルー CYGNUS Z
YB125 2CSB アンゴラ、メキシコ
XTZ125E 2MC5 フィリピン
XTZ125E 2MD6 コロンビア
LNS125 2PHG インドネシア MIO M3
LNS125 2PHH インドネシア MIO M3
TT-R125LEL 2PTK USA
TT-R125LEL 2PTL カナダ
TT-R125LWE 2PTM 豪州、ニュージーランド、
南アフリカ
YBR125ESD 2TB7 パキスタン
LTS125N 2TS5 台湾 AXIS Z
YB125 2XP6 ペルー
YBR125C 36SB メキシコ
DT125 3TTU ドミニカ、南アフリカ
YBR125EGS 43BJ コートジボワール、ケニア
YBR125ESD 51P5 中東
LTK125 B0P4 タイ FreeGo
YZ125L2 B0V5 USA、カナダ
YZ125 B0V6 欧州
YZ125 B0V7 日本
YZ125L B0V8 豪州、ニュージーランド、
南アフリカ
YZ125X B1B4 日本
YZ125XL B1B5 USA、カナダ
YZ125XL B1B6 豪州
LCG125 B2U1 インド RAY ZR
LCG125 B2U2 インド RAY ZR
LCG125 B2U3 インド RAY ZR
LCG125 B2U7 インド、スリランカ RAY ZR
YBR125-5 B376 ブラジル
GDS125-I B3F7 インドネシア LEXI
GDS125-F B3F8 インドネシア LEXI
LTK125 B4U3 ベトナム FreeGo
LTK125-A B4U4 ベトナム FreeGo
LTK125 B5D4 タイ FreeGo
LTK125-A B5D5 タイ FreeGo
LTK125-I B5D6 タイ FreeGo
YZF125-A B5G4 欧州 YZF-R125
GDR125-I B646 ベトナム NVX
LNS125-I B6B4 フィリピン MIO i
MTN125-A B6G1 欧州 MT-125
LCX125 B7J1 インド Fascino
LCX125 B7J2 インド Fascino
LCX125 B7J6 インド Fascino
LCX125 B7J7 インド Fascino
LCX125 B7JE インド Fascino
LCX125 B7JF インド Fascino
LCX125 B7JG インド Fascino
LCX125 B7JH インド Fascino
LCX125 B7JJ インド Fascino
LTF125-I B7V3 ラオス GRAND FILANO
YBR125G B837 パキスタン
LTF125-I B8A6 ベトナム GRAND FILANO
LTF125-A B8A7 ベトナム GRAND FILANO
LTF125-A B8A8 ベトナム GRAND FILANO
LTF125-I B8B6 タイ GRAND FILANO
LTF125-A B8B7 タイ GRAND FILANO
GQR125-A B8R1 台湾 CYGNUS GRYPHUS
GQR125-C B8R2 台湾 CYGNUS GRYPHUS
GQR125-A B8R3 台湾 CYGNUS GRYPHUS
XC125SR B8S3 日本 CYGNUS X SR
XC125SR B8S4 日本 CYGNUS X SR
LNR125 B924 マレーシア EGO AVANTIZ
LCZ125 B9M3 中国 AVENUE
LNS125 BB37 フィリピン MIO i
LNR125 BB47 フィリピン MIO SOUL i
XA125R BC76 メキシコ CYGNUS ZR
YB125Z BC86 パキスタン
YW125MF BC99 USA ZUMA
YW125MG BC9A カナダ BW’S
LTS125C BCV1 台湾 AXIS Z
LTS125CA BCV2 台湾 AXIS Zii
YB125Z-5 BDD1 パキスタン
LCB125 BE87 中国 JOG
LCB125 BE88 中国 JOG
LNS125 BF43 マレーシア EGO SOLARIZ
AG125J BF85 豪州、ニュージーランド
YB125ZR BH75 ボリビア
YB125ZR BH85 ペルー
LNB125-F BJ7D ベトナム JANUS
LNB125 BJ7E ベトナム JANUS
LNB125-F BJ7F ベトナム JANUS
LNC125 BJ8B インドネシア FINO
LNC125 BJ8C インドネシア FINO
LCK125-K BK97 中国 CYGNUS GT
LCK125 BK98 中国 CYGNUS GT
LCK125 BK99 中国 CYGNUS GT
YP125RA BL26 欧州 XMAX
YP125RA BL27 欧州 XMAX
YP125RP-AB BL28 欧州 XMAX
LNR125 BL54 ブラジル NEO
LTV125 BM98 タイ QBIX
LTV125-R BM99 タイ QBIX
LTV125-A BM9A タイ QBIX
LNS125-I BN14 インドネシア MIO M3
YBR125ED BN9D ホンジュラス
YBR125EGS BN9E ホンジュラス
YBR125E BN9F ホンジュラス
MWS125-A BR7F 日本 TRICITY
MWS125-A BR7G 欧州、南アフリカ TRICITY
MWS125-A BR7J 韓国 TRICITY
LNC125-I BT24 インドネシア FINO GRANDE
MWS125-C BU5E 日本 TRICITY
MWS125-C BU5F 欧州、南アフリカ TRICITY
MWS125-C BU5G UK TRICITY
MWS125-C BU5H 韓国 TRICITY
LCR125 BV24 中国 AS
GPD125-A BV3G 日本 NMAX
GPD125-A BV3H 欧州、南アフリカ NMAX
GPD125-A BV3J UK NMAX
GPD125-A BV3K 韓国 NMAX
XTZ125E BX54 ペルー

2020年に新発売されたモデルは、インドで LCG125 [RAY ZR] と LCX125 [Fascino] が、台湾で GQR125 [CYGNUS GRYPHUS] がある。台湾では排出ガス規制の所謂七期が今年から始まっているため、来年のモデルは先日書いた Vinoora や BW’S など増えそうである。

次回は 150cc クラス一覧の予定だけど、モデル数が100を超えなければ、その上の 175cc クラスと 200cc クラスと、230cc クラスも入れる予定である。ざっと見てみたら、100は超えそうな感じがするけど。

2020年モデル その1 (~120cc)

毎年恒例にして3年目の、年モデル一覧。書いていて、ブルキナファソ向けモデルなんて書いて誰が参考にするのかと単純に思ったりするが、そこは正確性のための要素として目を瞑ることにして。今回はその2020年モデルのうち電動車と、排気量が 120cc までの一覧を。

T115 2020 B0X2
T115 B0X2

毎年のように、どこの排気量で区切って、何ページに収めるかと悩むところである。さらに、ある資料では確認ができているものの、発売されているか怪しいモデルもあったりして、そこの判断も難しいところ。現地の web ページも含めて、2つ以上の資料で確認してから掲載するようにはしている。


まずは、50cc クラスの一覧をモデルコード順になのだけど、去年に引き続き電動の自動二輪車が発売されているので、電動のモデルから。

name code country remarks
EHG050-A BEN2 台湾 EC-05
EHG050 BEN3 台湾 EC-05

Gogoro 製造の EC-05 に ABS モデルが発売された。また、ABS 無しのモデルも昨年の初期モデルからいくつか改良が施されている。来年も2021年モデルの E-Vino が発売されているために電動の自動二輪車からとなる予定である。
排気量別に戻って、50cc クラスのモデル一覧を。

name code country remarks
PW50L2 2SAK USA、カナダ
PW50 2SAL 欧州、日本
PW50L 2SAM 豪州、ニュージーランド、
南アフリカ
TT-R50EL BEG1 USA
TT-R50EL BEG2 カナダ
TT-R50E BEG3 欧州、南アフリカ
TT-R50EL BEG4 豪州、ニュージーランド

YW50 が製造終了となり、日本で発売されているホンダ製の JOG や Vino も継続販売され、BX50 [GEAR] も継続販売のため、とうとう公道モデルとして2020年モデルの 50cc クラスの発売がない事態になった。30年前からすると考えられない状況である。
続けて、64cc の YZ65 の一覧を。

name code country remarks
YZ65L BR85 USA、カナダ
YZ65 BR86 欧州
YZ65 BR87 日本
YZ65L BR88 豪州

YZ65 も YZ85 も数が少ないし競技向けなため、まとめても良かったかもと書いてから思って。
続けて 84cc の YZ85 の一覧を。

name code country remarks
YZ85LW B0G4 欧州
YZ85LWL B0G5 豪州、ニュージーランド、
南アフリカ
YZ85LW B0G6 日本
YZ85L B4B4 USA、カナダ
YZ85L B4B5 豪州、ニュージーランド、
南アフリカ
YZ85 B4B6 日本

YZ85 については、特に大きな変更もなく昨年と同様の表となっている。
昨年ではここで一度ページを切っていたが、100cc 以下のモデルがあまりにも少なくなってしまったため、110~120cc 帯の 110cc クラス一覧を。

name code country remarks
T110C 1DUE ブルキナファソ FUZZY
T110C 1DUF ブルキナファソ FUZZY
T115FL-5 1FCR ベトナム SIRIUS
T115FL-1 1FCS ベトナム SIRIUS
T115FL-2 1FCT ベトナム SIRIUS
T115FL-5 1FDR フィリピン SIGHT
T115FL-2 1FDS フィリピン SIGHT
T115FSEC 2SU6 インドネシア JUPITER Z1
T115FS-5 2VPC ベトナム JUPITER
T115FS-5 2VPD ベトナム JUPITER
T115FSEC 2WB6 マレーシア LAGENDA
T110C 40BV メキシコ CRYPTON
T110C 40BW メキシコ CRYPTON
T110C 40BX ペルー CRYPTON
T115FL-4 B0X1 中国 T115
T115FL-5 B0X2 中国 T115
XC115M B2B6 台湾 CUXI
T115FSEC B3S3 フィリピン FORCE i
XC115B B4N3 アルゼンチン RAY ZR
T115FL-2 B4Y5 ラオス FINN
T115FL-2P B4Y6 ラオス FINN
T115FL-5 B4Y7 ラオス FINN
TT-R110EL B51M USA
TT-R110EL B51N カナダ
TT-R110E B51P 欧州
TT-R110EL B51R 豪州、ニュージーランド、
南アフリカ
XC115BD-C B62D インド RAY ZR
XC115BD B62E ホンジュラス、バミューダ RAY ZR
T115FL-2 B6F5 タイ FINN
T115FL-2P B6F6 タイ FINN
T115FL-5 B6F7 タイ FINN
T115FL-5C B6F8 タイ FINN
T110C BGR1 ウルグアイ CRYPTON
T110C BGR6 メキシコ CRYPTON
T110CL-2 BGY4 ベトナム SIRIUS
T110CL-1 BGY5 ベトナム SIRIUS
T110CL-5 BGY6 ベトナム SIRIUS
XC115B BH56 メキシコ RAY ZR
YD110D-4 BHA1 ナイジェリア CRUX
XC115F BL76 メキシコ ALPHA
YC110D-4 BX65 コートジボワール、
グアテマラ、タンザニア
YC-Z
YD110-1 BY15 アフリカ CRUX
YD110-1 BY23 ケニア CRUX
YD110-1 BY15 アフリカ CRUX
YD110-4 BY49 アフリカ CRUX
YD110-1 BY4A アフリカ、モンゴル CRUX
YD110-4 BY4B アフリカ、モンゴル、
ホンジュラス
CRUX
YD110D-4 BY54 ケニア CRUX

アジアでは 110cc クラスが 125cc クラスへと移行したために、かなり数を減らしている。逆に増えているのはアフリカ諸国での YD110 ぐらいである。実質的な新モデルも無く、来年以降も電動車以外の新モデルは望めそうにない状況である。

次回は 125cc クラスの予定。125cc クラスだけだと見た目上寂しいため、その上のクラスも含めたいところだけど、2020年モデルの T135 が発売されていない。そのため、その上となると 150cc クラスになる。150cc クラスを合わせると、とんでもなく数が多くなって長くなってしまうので、125cc クラスのみにする予定。