TMAX がモデルチェンジして XP560 に

ヨーロッパで現地時間の11月3日に、モデルチェンジや新機種の発表があった。今日はそのなかで、モデルチェンジして排気量が増えた TMAX XP560 についてを。発表では トリシティの 300cc 版である MW300 の発売もあったので、そっちも気になるところだけど。

XP560 2020 B7M1 [TMAX Tech MAX]
XP560 2020 B7M1 [TMAX Tech MAX]

このモデルチェンジでは、ボアが 2mm アップされて、561.9cc となった。発売当初の 499.5cc から 530.2cc となって、2度目の排気量アップである。


分かっているモデルコードはヨーロッパ向けだけだが、恒例なのでいつものようにモデルコード一覧を。ヤマハヨーロッパのページを見て、DX 版も出たと勘違いしていたが、現在掲載されている TMAX DX は XP530 の方である。

code name year country remarks
B3T1 XP560E 2020 ヨーロッパ TMAX
B7M1 XP560D 2020 ヨーロッパ TMAX Tech MAX

モデルコードやパーツカタログを見る限り、先行開発が B7M の XP560D であったようである。モデルコードから憶測すると、2019年モデルとしても出てもおかしくないぐらいなのだけど、タイミングを待ったのか開発に時間がかかったのか2020年モデルとなった。

このモデルチェンジでは外見の変更は少なく、エンジン周りを中心に変更された。XP530 の最終である XP530D-A BC3D と写真で比較してみる。

XP530 2019 BC3D [TMAX DX]
XP530 BC3D
XP560 2020 B7M1 [TMAX Tech MAX]
XP560 B7M1

ブレーキランプからのリアカウルと、フロントウィンカー周りに変更があったものの、大きく印象が変わっていはいない。各種新機能などは、紹介サイトがいくつもあるので、そちらに任せることにして、XP500, XP530, XP560 でエンジン周りを中心に変更を追ってみる。

code 5GJ1 BC31 B7M
model XP500 XP530D XP560D
country 欧州 欧州 欧州
year 2001 2017 2020
ボア×ストローク 66.0 × 73.0 68.0 × 73.0 70.0 × 73.0
排気量 499.5 530.2 561.9
圧縮比 10.1 : 1 10.9 : 1 10.9 : 1
最大馬力 29.4 kW 33.8 kW 35.0 kW
最大トルク 45.8 Nm 53.0 Nm 55.7 Nm
エンジンオイル量 3.6 l 3.5 l 3.5 l
スパークプラグ CR7E CR7E LMAR7G
燃料容量 14.0 l 15.0 l 15.0 l
全長 2235 mm 2200 mm 1690 mm
全幅 775 mm 765 mm 765 mm
全高 1410 mm 1420~1555 mm 1420~1555 mm
軸距 1575 mm 1575 mm 1575 mm
最低地上高 130 mm 125 mm 125 mm
装備重量 217 kg 216 kg 220 kg

シリンダーブロックの幅は変わっていないので、まさにギリギリまでボアアップしている。

排気量アップの裏には排出ガス制限があるので、一概に性能に繋がる訳ではないが、進化しているのは確かである。個人的には性能を落とさずに排気量ダウンするのも、技術力のアピールとしては悪くはないと思う。市場が嫌うかもしれないけど。

YA50 のカラー(日本向け)

最近かなり更新時間が開くが気にせずに、今日は YA50 の日本向けカラー一覧を。と言っても、だいぶ抜けがあるため、ボツにしようか悩んだところだけど。

YA50D 1997 3VPA [AXIS]
YA50D 1997 3VPA

YA50 AXIS は当時発売されていた JOG よりも洗練されたデザインで、価格も数万円高い設定であった。特に真後ろから見たストップランプより上のデザインは特徴的で、交差点で前にいるのがすぐにわかるほど。そんな姿も最近ではほとんど見かける機会がなくなってしまった。


その日本向け YA50 のカラー一覧を。パーツカタログを見る限り右横からの写真はあるため、製品写真は撮っている筈である。裏を返すと抜けているのは私の収集能力不足と言える。

code year photo
3VP1 1990 BLACK 2
(写真なし)


WHITE COCKTAIL 1
(写真なし)


COSMIC BLUE
(写真なし)
3VP2 1990 BLACK 2
YA50 3VP2 A


WHITE COCKTAIL 1
YA50 3VP2 B


FROST SILVER
YA50 3VP2 C
3VP3 1991 COMPETITION SILVER
(写真なし)


BLACK METALLIC 2
(写真なし)
3VP4 1991 BORDEAUX RED
YA50 3VP4 B


DARK GRAYISH BLUE METALLIC 1
YA50 3VP4 C


BLACK METALLIC 2
YA50 3VP4 D
3VP5 1992 BLACK 2
YA50 3VP5 A


CAMELLIA GREEN
(写真なし)
3VP6 1992 BLACK METALLIC 2
(写真なし)


SILKY WHITE
YA50 3VP6 A
3VP7 1994 BLACK METALLIC 2
YA50 3VP7 A


COMPETITION SILVER
YA50 3VP7 B
3VP8 1994 BLACK METALLIC 2
YA50 3VP8 A


BORDEAUX RED
YA50 3VP8 B


DARK GRAYISH BLUE METALLIC 1
YA50 3VP8 C
3VP9 1997 BLACK METALLIC 2
YA50 3VP9 A


COMPETITION SILVER
YA50 3VP9 B


VERY DARK BLUE METALLIC 3
YA50 3VP9 C
3VPA 1997 BLACK METALLIC 2
YA50 3VPA A


DARK GRAYISH BLUE METALLIC 1
(写真なし)
3VPC 1997 BLACK METALLIC 2
YA50 3VPA A


DARK GRAYISH BLUE METALLIC 1
(写真なし)


COMPETITION SILVER
(写真なし)

かなり抜けがあってあっさり終わってしまったので、台湾向け YA50 と比較してみる。1991年の 3VP4 と、1991年台湾向け CABIN(勁風) 3XG1 と、さらにより日本向けに近い 1992年台湾向け CABIN(勁風 Z) 3XG2 とを写真で並べてみる。

YA50D 1991 3VP4 [AXIS] 日本向け
YA50 3VP4
YA50 1991 3XG1 [CABIN(勁風)] 台湾向け
YA50 3XG1
YA50TZ 1992 3XG2 [CABIN(勁風 Z)] 台湾向け
YA50 3XG2

台湾では 50cc クラスでも二人乗りができるため、台湾向けにはパッセンジャー用のステップが装備されている。YA50TZ [勁風 Z]は潔くスポーティーに仕上がっている。リアのキャリアは取り払われ、フロントブレーキも日本向け同様ディスクになり、フロントフェンダーも一体化された。
日本では1986年からヘルメット着用義務化されたが、台湾では罰則付きヘルメット着用義務が1997年から始まった。そのため、この時代はシート下のトランクが無いモデルがほとんどで、台湾での CABIN の名前はシート下にトランクがあることにより付けられたとのこと。

1991年の日本向け、台湾向けの諸元も比較してみる。

code 3VP4 3XG1
model YA50D YA50
country 日本 台湾
year 1991 1991
全長 1720 mm 1690 mm
全幅 630 mm 690 mm
全高 1040 mm 1040 mm
軸距 1170 mm
最低地上高 90 mm
装備重量 73 kg 78 kg
キャスター 26.0 度
トレール 69 mm
燃料容量 5.5 l
ボア×ストローク 40.0 × 39.2
排気量 49.26
圧縮比 7.2 : 1 7.5 : 1
スパークプラグ BPR6HS BP7HS-10
1次減速比 48/13 (3.692)
変速比 2.512-0.790:1 2.675-0.813:1
2次減速比 38/11 (3.454) 36/12 (3.000)
キャブレタ Y16P VM16SS
2次減速比 38/11 (3.454) 36/12 (3.000)
フロントブレーキ 155mm ディスク 155mm ディスク
前タイヤ TL 90/90-10 TL 90/90-10
後タイヤ TL 90/90-10 TL 90/90-10

圧縮比や変速比を見る限り、台湾向けの方が加速重視のようである。

モデルチェンジがいくつか出ているので、次回はその機種について書こうかと考え中。