YZF690 [YZF-R7]の発売

今日は YZF690 [YZF-R7] の発売についてを。発売を待ってしまったため、だいぶ出遅れた感じはあるけど。YZF690 [YZF-R7] は5月18日に北米とヨーロッパで発売が発表された。6月に入って北米で発売され、ようやく情報が入って来た。

YZF690 2022 BEB1 [YZF-R7]
YZF690 BEB1

あの初代 YZF-R7 から比べると、かなり落ち着いたモデルになっており、YZF-R6 と比較してもやはり尖っている感じはしない。理由の1つに、YZF690 からわかる通りのエンジンで、MT-07 / Tracer 7 XSR700 / / Tenere と同系のエンジンを搭載している。


既に書いてしまっているが、モデル名は YZF690 となり、北米向けはモデルコードには BEB が振られた。まずは、いつものように、モデルコード一覧を。

code name year country remarks
BEB1 YZFR7N 2022 USA YZF-R7
BEB2 YZFR7C 2022 カリフォルニア YZF-R7
BEB3 YZFR7AN 2022 カナダ YZF-R7

ヨーロッパ向けはまだ発売されていないため控えておく。北米向けは日本製で、そのため日本でも発売が予定されている。気になるのはオーストラリア向けで、オーストラリアではボアダウンされた 655cc の Learner Approved 向け MT-07 も発売されており、YZF-R7 が発売となるとボアダウン版も発売されるのかどうか。

ざっと見て、まず驚いたのが、オプションのシートである。
https://www.yamaha-motor.ca/en/accessories/motorcycles/seats-backrests/touring-seat/B4C-247C0-11-00
何が驚いたかというと、オプションシートが MT-07 と共通なことである。つまり、YZF-R7 のシートは YZF-R7 用が装着されているものの、MT-07 と形状が同じということである。気になってフレームまで見比べると同じ形状で、さらにスイングアームもホイールまでも同じ形状。そのまま、YZF-R15 / MT-15, YZF-R25 / MT-25, YZF-R3 / MT-03 のような関係を MT-07 に持ち込んでいる。

これだと、YZF-R6 を乗っていたような人からすると「これじゃない感」がするのでは、と思ってしまう。さらに初代 YZF-R7 に乗っていた人からすると、「名前は同じだけど全く別物」と感じるのでしょう。この流用から見ても、YZF-R6 の公道向けモデルが発売終了となった理由も明白になってくる。

YZF-R6 2020 BN6N
YZF-R6 BN6N

YZF-R6 のエンジンやフレームは YZF-R6 のみでしか使われなかった孤高の存在だった。同じ排気量帯で気筒数が同じ FZ6 や XJ6 にもエンジンは流用されず、だからこそ速さを求めるだけに特化できた存在。最終的にはそれが仇となって、発売終了になってしまった。

街中で YZF-R6 の性能をどこまで使い切ることができるかを深く考えてしまうとと、新しい YZF-R7 の存在は悪くない選択だとは思える。そして価格も安くなるとさらにありがたい。ただ、初代 YZF-R7 や YZF-R6 に乗っている人を見ると、自動二輪車乗りとしては、「良い言い方」で【快適さより価格より、ただただ速さを求めた人】なんだろうなと畏怖の念を抱く。「悪い言い方」だと【ネジが飛んで行った人】になるのかもしれないけど。
新しい YZF-R7 だと、それは感じないだろうなという個人的な思い。そもそも新しい YZF-R7 は YZF-R6 と比べるようなモデルではないことは確かである。

YSDSについて

今日は YSDS についてを。YSDS とは YAMAHA SERVICE DATA SYSTEM の略のこと。名前の通り自動二輪車などのサービスデータが見られるシステムで、世界中で販売しているヤマハ発動機製品の1985年以降のモデルについてほぼ網羅していた。位置付けとしては輸出業者向けに、最低限の整備情報を提供してくれていた web ページで、ありがたいものだった。

YSDS

網羅していたなどと過去形で書いたのは、今年の2月で見られなくなってしまったため。このシステムは、どうもプレストコーポレーション(以下、プレスト)が運用していたようで、プレストが事業終了した影響で見られなくなってしまったようである。


このシステムの存在はだいぶ前から知っていたが、ある人からアカウントが無くても使えることを教えてもらって、それからはモデルの存在確認や、整備情報について参考にしていた。年末恒例の「〇年モデル」の一覧は、YSDS のモデル検索の結果をベースに抜けているモデルを追加して書いていたもの。YSDS が見られなくなって、貴重な情報源の1つが失われたために、この web ページを書く上で非常に痛い出来事である。

まずは、どんなデータであったか、XTZ690 BAU4 [Tenere] の日本向け昨年モデルのデータをリンクしておく。

主要諸元
整備諸元 エンジン
整備諸元 車体
整備諸元 電装
主要サービスデータ

この情報に加えて、該当モデルの配線図(ワイヤリングダイヤグラム)が付いてくることが多く、この BAU4 にも付いていた。日本語のページを掲載したが、他の言語も選ぶこともできる。

基本的に、世界各地で発売されているヤマハの自動二輪車や ATV、ボート、スノーモービルなどの情報が得られることになっていた。自動二輪車についてしか確認していないが、1985年以降に発売された日本製造のモデルはほぼ揃っていて、21世紀のモデルなら配線図もあることが多かった。怪しいのが、インド製、中国製、ブラジル製の3つで、かなりのモデルが抜けていた。最近のインド製はだいぶ抜けはなくなったけど。MBK 製や台湾製も古いモデルはだいぶ抜けていた。中国製でも、輸出しているモデルは抜けが少なかったりしていて、世界戦略として日本のヤマハが関わると情報が掲載されるのだなと予想できた。

個人的に、各国のパーツカタログを見るのも、YSDS を見るのも、ブラウザーを使わずに自分で作成したプログラムで見ている。そのプログラムでは、一度見たページは保存しているようにしているため、上記の XTZ690 BAU4 の情報が手元に残っていたりしている。無くなるとわかっていれば、もっと保存しておけば良かったと後悔していて。

YSDS が見られなくなってしまったために、この web ページの情報確認の1つが無くなってしまった。今までよりも情報確度が低くなってしまうし、書く内容も減ってしまう。危機的状況になってしまったら、この web ページの更新頻度は落ちる予定。

ヤマハ発動機モデル研究所