YBR150Z 天剣動力版の発売

5日ほど前の6月14日に、中国ヤマハの発表会があった。ここで、中国の排出ガス規制である国四対応の YS150 のお披露目と、同様に国四対応の YBR150Z の発売が発表された。

YBC150-5 2018 B2L2 [YBR150Z]
YBC150 B2L2

YBR150 としては2016年に「天剣 2.0」が発売になっているが、YBR150Z は YBR150 をより実用向きにしたものとなっており、フレームは YS150 からほぼ共通である。


モデル名は中国では YBR150Z となっているが、ヤマハの呼び方では YBC150 となったようでドラムブレーキ版が YBC150-4 に、ディスクブレーキ版が YBC150-5 になる。モデルコードは B2L が割り振られ、ドラムブレーキ版が B2L1 に、ディスクブレーキ版が B2L2 となっている。表にするほどでもないが、いつものように一覧を。

code name year country remarks
B2L1 YBC150-4 2018 中国 YBR150Z
B2L2 YBC150-5 2018 中国 YBR150Z

この YBR150Z では YBR150 と比べ、より実用向きということで、シートとフラットになるキャリア、シーソーペダル、フォークブーツが装備されている。さらに、燃料タンクの容量が 15.4 リットルと大容量化していることで、かなりの距離が走れるようになった。

YBC150-4 2018 B2L1 [YBR150Z]
YBC150-4 B2L1

エンジンは YBR150 と共通だが、国四対応ということでマフラーが変更になっている。そのため馬力・トルクともに減少しており、考え方を変えると YBR150 のマフラーに替えれば同じ性能が得られることになる。クラッチ枚数は4枚で同じ、プライマリや各ギア比も同じだが、ドリブンスプロケットが1丁増えて42丁となっている。これは馬力が落ちたためと、実用向きということで変更となったようである。

燃費は 52.6km/L (100km/1.9L) と発表されており、15.4 リットルの燃料タンク容量なので 800km 以上走れることになる。実燃費はもっと悪いと思われるので、航続距離は 600km ぐらいというところでしょう。

YBR150Z エンジン
YBC150 B2L2

装備面で気になったのはリアキャリアで、荷物を載せる面の下側が横に少しはみ出している。これは転倒の際にウィンカーが折れないようにするためのもの。さらにその前方にも下向きの突起があり、ゴムのカバーがされている。この突起は、サイドボックスフレームなどのオプションを付けるためのようで、拡張性も考えられている。

YBR150Z リアキャリア
YBC150 B2L2

これが 125cc だったらアトラス辺りの会社が日本に輸入しそうであるが、150cc という排気量のために少し難しそうである。装備や航続距離は魅力なので、惜しいところ。

TZR125の比較4

バタバタしていて、ちょっと時間が開いてしまったが、ヨーロッパ向けの比較と言うか、いつものカラーの感じで。

TZR125 1991 3PB3
TZR125 3PB3

とは言っても不明点も多く、パーツカタログの車体写真がフルカウルなのに、パーツカタログの内容にカウリング部品がなかったりとかなり曖昧な部分が多い。ebay などのような売買されている web サイトの車体を参考にしたりもしたが、それでも充分ではない感じで。


と言うことで、イタリアのベルガルダ製を除く日本製ヨーロッパ向け TZR125 の年式ごとの写真の比較を。YPVS の有り無しなど各国での違いがあるが、カラーリングの比較ということでまとめている。そのため全く同じではないことに留意してもらいたい。

code year photo
2RH 1987 CLEAN WHITE
TZR125 2RH A


FARAWAY BLUE
TZR125 2RH B
2RK 1987
2RL 1987
2RN 1987 CLEAN WHITE
TZR125 2RN A


FARAWAY BLUE
TZR125 2RN B
2RJ 1988
3PA1 1989 WHITE
TZR125 3PA1 A


FARAWAY BLUE
TZR125 3PA1 B
3PB1 1989
3PC1 1989
3PD1 1989
3PA2 1990 SILKY WHITE
TZR125 3PA2 A


NEW BLACK BLUE
TZR125 3PA2 B


FARAWAY BLUE
TZR125 3PA2 C
3PB2 1990
3PC2 1990
3PD2 1990
3PB3 1991 SILKY WHITE / VIVID RED COCKTAIL 1
TZR125 3PB3 A


SILKY WHITE / FARAWAY BLUE
TZR125 3PB3 B
3PC3 1991
4CL1 1991
3PB4 1992 SILKY WHITE
TZR125 3PB4 A


ATLANTIC BLUE
TZR125 3PB4 B
4PC4 1992
4CL2 1992
4JB1 1993 PURPLISH WHITE SOLID 1
TZR125 4JB1 A


YAMAHA BLACK
TZR125 4JB1 B
4HW1 1993
4HX1 1993
4FL1 1993
4FL3 1994
4FL4 1995 PURPLISH WHITE SOLID 1
TZR125 4JB3 A
4JB3 1995
4HW3 1995
4HX3 1995

やはり1993年以降の精悍としたスタイリングは、それまでとは一線を画している。

4JB, 4HW, 4HX については、1994年にぽっかり空いていて 4JB2, 4HW2, 4HX2 が飛ばされて1995年の 4JB3, 4HW3, 4HX3 となっている。一部の web ページにはこの 4JB2, 4HW2, 4HX2 が存在するという記述もあるが、ヤマハの資料では確認できなかった。ただ、1994年の TZR125 の謎のカラーの写真はあったりする。

TZR125 1994 Europe
TZR125 1994 eu

日本製でさえこの状況なので、イタリアのベルガルダ製となると、不明点や曖昧なことが多く、容易に手が出ない。2週間ぐらい暇ができたら調べられるかもしれないが、そんな機会は来ないでしょう、ということで。今日で一旦 TZR125 のことは終わりにする。