「発売情報」カテゴリーアーカイブ

XTZ125の現状いくつか

今日は XTZ125 について、いくつかの話題を。

XTZ125E 2014 1SB4
XTZ125 1SB4

まず大きなところで、ブラジルで XTZ125 がラインナップから外れてしまった。外れたのは今月の15日頃で、2002年から発売され続けていた15年の歴史に幕を下ろしたことになる。

ブラジル ON/OFF ラインナップ
Brazil ON/OFF ラインナップ

ほぼ同時に TT-R125 も無くなり、先日 YBR125 のエンジンも新しくなったので、ブラジルでは所謂 TT-R125(YBR125) 系のエンジンを持つモデルが発売されなくなった。そうなると、このエンジンの製造自体が無くなる可能性が出てきた。インドでもこのエンジンの生産は終了しているので、これから手に入るものは中国製造のみとなるのかもしれない。


TT-R125 は発売当初に日本で製造していたが、2008年からブラジル製造に変わった。ブラジルでこのエンジンの製造をやめてしまうかもしれないと、TT-R125 は発売終了になるのか、中国生産に切り替わるのか、どうなってしまうのだろうか。

TT-R125LWE 2015 30PG
TT-R125 30PG

続けて、アルゼンチンでは XTZ125 の新しいカラーリングが出ていた。色自体は青と白と黒でこれまでと変わらないが、ステッカーのデザインが変わった。

XTZ125E 2016 2PX2 (DEEP PURPLISH BLUE SOLID E)
XTZ125 2PX2 A
XTZ125E 2016 2PX2 (PURPLISH WHITE SOLID 1)
XTZ125 2PX2 B
XTZ125E 2016 2PX2 (YAMAHA BLACK)
XTZ125 2PX2 C

中国での製造開始2013年から、中国製造のモデルはずっと同じカラーリングだったが、ようやく新しくなった感じである。

XTZ125 中国製造でのこれまでのカラーリング
XTZ125 カラーリング

これから他の国向けでもこのカラーリングが採用されるかもしれない。

次に、今年からニュージーランドでも XTZ125 が発売されるようになった。正確には昨年末に発売開始だったようだけど、モデル年としては2016年の扱い。

XTZ125 2016 ニュージーランド
XTZ125 NZ 2016

web ページでのカテゴリは AGRICULTURAL に分類されており、農場で使用するファーム向けの扱いのようである。色は青のみで、AGRICULTURAL のモデルは青ばかり。ヤマハらしいと言えば、ヤマハらしい。

ニュージーランド AGRICULTURAL ラインナップ
NZ Agricultural lineup

LEARNER APPROVED の指定があるため、AG シリーズと違って公道走行を前提としたモデルとなっている。モデルコードは調べてみたが、わからなかった。

ニュージーランド XTZ125
NZ XTZ125

最後に、TAKEGAWA から XTZ125 用のマフラーが発売された。コーンオーバルマフラーとパワーサイレントオーバルマフラーの2種類、どちらもスリップオンで認証を通っている。

TAKEGAWA コーンオーバルマフラー
コーンオーバルマフラー

値段はコーンオーバルマフラーが税抜41000円、パワーサイレントオーバルマフラーが税抜38800円。車体の値段が安いので、この値段は少し高く感じてしまう。

TAKEGAWA パワーサイレントオーバルマフラー
パワーサイレントオーバルマフラー

しかし、XTZ125 の展開というかエンジンの動向が少し怪しいタイミングで、良く出してくれたという感じである。日本には中国生産の XTZ125 が入ってきているが、TAKEGAWA がマフラーを発売するほど売れているということなのだろうか。

色々と動きがある XTZ125 だが、これからしばらくは注目して見ていきたい。

タイでトリシティ155が発売か2

昨日の続き。タイでトリシティ155が発売する話。その前に、今日から鈴鹿8耐が始まります。

2016 コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース
日時:2016年7月28日~7月31日
決勝戦の31日には BS12 トゥエルビで生放送する予定だそうです。
2016 鈴鹿8時間耐久 yamaha

鈴鹿が始まらなければ、夏も始まらない!今年もヤマハは気合を入れていて連覇を目指しているようなので、日曜日は応援しようかと。
で、トリシティ155の話に戻って。

TRICITY155 MWS150-A 2016 B881 ※ヨーロッパモデルの写真
TRICITY155 BB81

実を言うと、少し前からタイ向けの発売予想はしていた。これはヨーロッパ向けのトリシティ155のパーツカタログを見るとわかる。
あまり注目する人は少ないが、パーツカタログのイラストにはコードが振ってある。これに注目すると、2016年モデルのタイ向け BE21 というモデルと、同じくタイ向けの BB82 というモデルが出てくる。


まず、エンジン周りや車体周りで BE21 のイラストが多数使われている。

BB81 パーツカタログ Fig 17
BB81 parts catalogue fig 17

同様に車体周りなどでは BB82 のイラストが使われている。

BB81 パーツカタログ Fig 18
BB81 parts catalogue fig 18

簡単に説明すると、イラストコードの最初の4桁はモデルコードを表している。続く3桁は販売国や地域をさしていて、431 はタイのこと。ハイフンの次の R は年式を表していて、R は2016年を意味する。いくつか例外があるが、イラストを見るとどんなモデルのいつのイラストなのかわかる。

ヤマハのパーツカタログでは、全てのモデルでイラストを描いていたら大変なためか、部品構成が同じ場合は他モデルのイラストを流用する。つまり、BB81 では BE21 や BB82 のイラストを流用していることになる。ということは、開発段階では BE21 や BB82 の方が先行していたとも言える。

もう1つの手がかりとして、カラーコードがある。ヨーロッパ向け BB81 のカラーコードを見てみる。フランスの web 版パーツカタログで確認すると。

TRICITY155 B881 カラーコード
BB81_EPC_France

カラーコードが A からではなく B から始まっている。モデルコードが異なると、他のモデルに関係なく A から振ることが多いのだけど、たまに既にあるモデルコードとカラーコードを合わせることがある。タイ向けの BB82 では A に黒、B はヨーロッパと同じく WHITE METALLIC 6 を割り当てているので、その影響で WHITE METALLIC 6 を B にして、以降 C, D としたようである。そんなカラーコードからも、別のモデルの存在を感じられる。

せっかくの機会なので、1つ疑問に思っていることを。それは、燃料タンクの部品。BB81 のパーツカタログを見ると、燃料タンクの部品番号は BR7-F4110-00 である。BR7 というモデルコードはこれまでに出ていないはずなので、何の機種からの流用なのか謎である。これから出る別な国向けのトリシティなのか、同じ形状をした別のモデルを開発中なのか、それとも没になったモデルなのか。意外とミスという可能性もあるが。

BR7-F4110-00
BB81 petrol tank

BR7 のモデルコードはそのうち判明すると思うので、まずはタイの発売を待つばかりである。