「発売情報」カテゴリーアーカイブ

YZF-R25/YZF-R3 2019年モデル発表

先週の10月11日に YZF-R25 / YZF-R3 のモデルチェンジが世界同日に発表された。ようやくと言う感じで、今日はその遅れたことを含めて書こうかと。

YZF250 2019 BS71
YZF250 BS71

リリースが発表されたのは、インドネシア、ヨーロッパ、USA 、カナダで、製品の詳細までは発表していないがタイでもニュースリリースに掲載された。


形状比較やスペック比較については、色々なところで既に行われているので省略して。まずは発売となったインドネシア向けモデルコード一覧を。モデルコードは BS7 が振られた。

code name year country remarks
BS71 YZF250 2019 インドネシア
BS72 YZF250 2019 インドネシア Movistar

先日書いたヨーロッパ向けの YZF-R125 と同じように、YZF-R25 のモデル名が YZF250 とこのタイミングで変更になった。YZF-R6 が YZF600 になったところから始まり、YZF-R15, YZF-R125 と続けて、YZF-R25 も変更されたため、YZF-R3 もこのタイミングで YZF320 となりそうである。ペット名は引き続き YZF-R25 が使われている。

モデルコードが BS7 となったが、同じインドネシア製造の YZF-R25 でモデルコード BS8 のモデルが既に発売されている。この BS8 は、2018年モデルの日本とトルコ向けの YZF-R25A で、BS81 が日本向け、BS82 がトルコ向けである。今回発売になった YZF-R25 BS7 のシフトペダルのシャフトに BS8 のパーツが使われていたり、モデルコードが隣り合っていることからもわかるように、BS7 の開発は BS8 の開発と同じぐらいのタイミングで始められていた。

YZF-R25 2018 BS81 (日本)
YZF-R25 BS81 C

しかし、BS7 は BS8 と違い、モデルチェンジということで発売までに時間がかかった。この時間差がマイナーチェンジとモデルチェンジの違いということである。それに加えて、BS7 の発売は今年の7月と決定していたが、3か月遅れて10月の発売となった。この3か月の遅れの理由についてを詳しそうな人に聞いてみたのだけど、「品質の関係」という濁された答えだった。
確かに YZF-R25 / YZF-R3 では2016年、2017年とリコールが出ており、それもギアやタンク裏のブラケット、メインキーなど、改善対処が面倒な不具合。代替部品や作業工賃だけでかなりの経費となっている。

YZF-R25 recall

その過去から、品質管理を強化したと言われれば納得できる。それを踏まえると、今回のモデルチェンジでエンジンやフレームに手を加えられていないこともリコールを嫌って安全策を採ったのではと少し疑ってしまったりもしてしまう。色々な思惑があっての、今回のモデルチェンジだったのでしょう。

せっかくの機会なので、これまで発売された YZF-R25 と YZF-R3 のモデルコード一覧を、と思ったがかなり長くなったので、またの機会にして。2017年2月の YZF-R25 / YZF-R3 のリコールで各国向けの対象が何台だったのか、表にしてみる。

国/地域 モデル 対象台数
日本 YZF-R25 10294台
YZF-R25A 2683台
YZF-R3A 2188台
インドネシア YZF-R25 22243台 (推定)
YZF-R25A 1620台 (推定)
ベトナム YZF-R3 880台
UK YZF-R3A 897台 (含 MT-03)
USA YZF-R3 14320台
カナダ YZF-R3 2760台
オーストラリア YZF-R3A 3480台 (推定)

推定とあるのは、対象の車体番号から割り出した数字。全体を見る限り主戦場はインドネシアということがわかる。ヨーロッパ全体の推定台数は5440台で意外と少なく、逆に売り上げが減っていると言われている日本でも15000台を超えていて世界的に見ると多い。日本人の新しいもの好きも影響しているのだろうけど、少し驚いた。

他国を見ると、YZF-R25 よりも YZF-R3 を販売している国が多く、両方を販売しているのは日本ぐらいである。YZF-R25 / YZF-R3 は東南アジアからヨーロッパまで、世界各国で発売されており、その世界戦略や品質の背景を踏まえて今回のモデルチェンジを考えると、また別なものが見えてくる。

日本でシグナスX SRの2019年モデル発表

今日、日本でシグナス X SR が2019年モデルとして発売されると発表された。2018年モデルから外観が変更され、台湾での2018年モデルと同じ構成となった。聞いていた話だと9月に発売される予定であったので、ようやく発表された感じである。

XC125SR 2019 B8S1
XC125SR B8S1

既に書いてしまったが、モデルコードは B8S1 となり、フレーム型式は2017年から使われている SED8J が引き続き振られた。フレーム型式が変更されなかったのでわかるように、基本的なフレーム周りやエンジンについては変更されない。


今日発表された日本でのシグナス X SR は、台湾で2018年モデルとして発売された NXC125S / NXC125SA を踏襲する形となった。その台湾向けの NXC125S / NXC125SA と、発表された シグナス X SR XC125SR について一覧にしてみる。

code name year country frame remarks
B2J1 NXC125S 2018 台湾 SE735 Cygnus X
B2J2 NXC125SA 2018 台湾 SE736 Cygnus X
B8S1 XC125SR 2019 日本 SED8J Cygnus X SR

2019年モデルの前の2017年モデルと、今回の2019年のモデル、台湾での NXC125S のモデルを写真で比較してみる。

XC125SR 2017 BF92 (日本)
XC125SR BF92
XC125SR 2019 B8S1 (日本)
XC125SR B8S1
NXC125S 2018 B2J1 (台湾)
NXC125S B2J1

2018年までの BF9 から、今回発表された B8S1 への変更では、ライト周りとリアランプ周りのみである。写真ではわからない場所では、メーター周りと 12V の電源出力ジャックの追加が変更点となる。

台湾向け NXC125SA B2J2 との違いは、外観ではフェンダーに付けらている原付二種のマーク以外はほぼ同じ。見えないところでは、日本向けにキャニスターが付けられている。これは BF92, BF94 からの装備なので目新しいものではなく。部品単位で見ていくと、まずヘッドライトとポジションライトが違っている。気になったので写真で見てみる。

XC125SR 2019 B8S1 (日本)
XC125SR B8S1
NXC125S 2018 B2J1 (台湾)
NXC125S B2J1

ヘッドライトのアイラインの部分の色が違っている。それだけの違いか、走行車線の違いによりレンズカットも違っているか確認はできなかった。テールライトのアセンブリも部品番号が違っているようなのだけど、こちらは部品のどこが違っているのか確認できなかった。
他にはメーターの部品番号が違っているので、確認してみた。

XC125SR 2019 B8S1 (日本)
XC125SR B8S1
NXC125S 2018 B2J1 (台湾)
NXC125S B2J1

日本向けには ABS が装備されていないので、ABS の警告灯が省かれている。これは B2J2 NXC125SA でも同じ。その他の違いをよく見ると、時計の右側に描かれているバッテリーの表示が日本向けでは無くなっている。多分、部品番号が違っているのはこの表示の違いによるものでしょう。

歴代のモデルでは、日本向けと台湾向けで違いがそこそこあったりしたが、最近はだいぶ共通化してきた印象がある。アトラスなどの輸入販売会社も、B2J1 / B2J2 の輸入継続の判断が値段差次第となって難しそう。どちらにしても、魅力的なモデルであることには変わらない。