「発売情報」カテゴリーアーカイブ

MWD300 Tricity 300 の発売

今日はヨーロッパで発売された MWD300 [Tricity 300] のことを。
MWD300 [Tricity 300] は、昨年11月に EICMA で発表され、ヨーロッパでは2月に発売された。この COVID-19 の騒ぎを考えると、かなりタイミングの悪い発売時期となる。

MWD300 2020 BX91 [Tricity 300]
MWD300 BX91

MWD300 には XMAX 300 のパワートレインを流用して 292cc のエンジンを搭載しており、ヨーロッパでは B ライセンス(普通自動車の免許)で乗れるように作られている。まだオーストラリアなどのヤマハの web ページには掲載されていないものの、オセアニア向けも発売予定となっている。


MWD300 [Tricity 300] にはモデルコードは BX9 が割り当てられ、確認できているのは、ヨーロッパ・南アフリカ向け、UK 向け、オーストラリア・ニュージーランド向けの3つ。そのモデルコード一覧を。

code name year country remarks
BX91 MWD300 2020 欧州、南アフリカ
BX94 MWD300 2020 UK
BX95 MWD300L 2020 豪州、ニュージーランド

BX92 と BX93 が空いているのが気になるところで、XMAX 300 がカリフォルニア州向けとそれ以外の州向けで別れていないため、北米向けが入ってくる可能性もある。UK 向けについては、何故かパーツカタログの準備が遅れているようで、UK ヤマハからの web 版のパーツカタログでもまだ確認ができない。

ヨーロッパ・南アフリカ向けと、オーストラリア・ニュージーランド向けの大きな違いがフットブレーキが付いているかどうかである。どちらもパーキングブレーキは別途装備しているが、オーストラリア・ニュージーランド向けではフットブレーキが省略されている。このフットブレーキは、ヨーロッパの B ライセンス(普通自動車の免許)で乗れるように付けられた装備のため、オーストラリアなどでは不要であり外された。これにより多少の軽量化にもなっている。

ヨーロッパではオプションパッケージとして、SPORT PACK, URBAN PACK, WINTER PACK の3つを発売している。季節や行き先に合わせて変えるのも面白そうである。

MWD300 [Tricity 300] SPORT PACK
MWD300 SPORT PACK
MWD300 [Tricity 300] URBAN PACK
MWD300 URBAN PACK
MWD300 [Tricity 300] WINTER PACK
MWD300 WINTER PACK

先に書いたように、エンジンなどは XMAX 300 からの流用である。車体周りと、エンジン・駆動系周りを中心に比較してみる。

code BX41 BY37
model MWD300 CZD300-A
pet name Tricity 300 XMAX 300
欧州 欧州
年式 2020 2020
全長 2250 mm 2185 mm
全幅 815 mm 775 mm
全高 1470 mm 1415 mm
軸距 1595 mm 1540 mm
最低地上高 130 mm 135 mm
最小回転半径 3.2 m 2.6 m
装備重量 239 kg 179 kg
排気量 292 cc 292 cc
内径×行程 70.0×75.9 mm 70.0×75.9 mm
馬力 20.6 kW 20.6 kW
トルク 29.0 Nm 29.0 Nm
1次減速比量 1.000 1.000
変速比 2.386-0.746 :1 2.386-0.746 :1
2次減速比 7.590 7.590

車体が 60kg 重くなったことはかなり大きいものの、エンジンや減速比は XMAX 300 と全く同じとなっている。この重量と前輪タイヤがどのぐらい燃費に影響があるのか興味深いところである。

この MWD300 [Tricity 300] が日本で発売されるのか、それとも MWD250 となるのか、しばらく注視していきたいと思う。

FascinoがモデルチェンジしてLCX125に

今日は予告通り、インドで発売されていた XC115C [Fascino] が、LCX125 へとモデルチェンジしたことについてを。

LCX125 2020 B7JG [Fascino]
LCX125 B7JG

前回書いた RAY ZR と同様に、2019年12月19日にインドで Fascino のモデルチェンジが発表され、Fascino 125 の発売となった。RAY ZR と同様に2020年4月から始まる排出ガス規制 BS6 のためのモデルチェンジで、排気量が 124.9cc になり FI 化された。


Fascino のモデル名が XC115C から LCX125 になり、モデルコードが B7J が割り振られた。XC115C のモデル名は台湾の Limi でも使われており、モデル名だけだとどちらかわからない状態であったが、これで判別できるようになった。
恒例の LCX125 のモデルコードの一覧を。

name code year country remarks
LCX125 B7J1 2020 インド Fascino
LCX125 B7J2 2020 インド Fascino
LCX125 B7J6 2020 インド Fascino
LCX125 B7J7 2020 インド Fascino
LCX125 B7JE 2020 インド Fascino
LCX125 B7JF 2020 インド Fascino
LCX125 B7JG 2020 インド Fascino
LCX125 B7JH 2020 インド Fascino

B7JE~B7JH については一旦置いて、B7J3~B7J5 の3つが空いた状態になっている。この3つには、発売取りやめになったモデルが入っていたのか、それともこれから発売になるモデルが入っているのか気になるところで、調べてみたものの不明であった。Monster Energy カラーのような特別色が出るようなモデルではないため、あるとすれば装備を追加した豪華版が妥当なところ。

それぞれのモデルにカラーや装備違いがあるので、簡単な表にしてみる。

code colour front brake
B7J1 DRUM
B7J2 DISC
B7J6 Special DRUM
B7J7 Special DISC
B7JE DRUM
B7JF DISC
B7JG Special DRUM
B7JH Special DISC

B7J1, B7J2 は通常カラー、B7J6, B7J7 は特別カラー。B7J1, B7J6 は前輪ドラムブレーキ、B7J2, B7J7 は前輪ディスクブレーキとなる。B7JE~B7JH は何かと言うと、最初期版の B7J1, B7J2, B7J6, B7J7 にフロントフェンダーの変更が加えられたもので、それ以外はそれぞれ B7J1, B7J2, B7J6, B7J7 と同じである。
そのフロントフェンダーの違いについて、見てみる。

LCX125 B7J2 フロントフェンダー
LCX125 B7J2
LCX125 B7JF フロントフェンダー
LCX125 B7JF

B7JE~ ではフロントフェンダーの横側にネジ穴があるのがわかる。写真では見えづらいが内側にインナーフェンダーが追加された影響で、このネジも追加となった。それ以外の装備については全く同じで、逆に B7J1, B7J2, B7J6, B7J7 は既に生産してないと思われるため、貴重な存在となっている。

せっかくなので、カラー一覧も付けておく。B7JE~B7JH での写真を使用しているが、前述の通り B7J1, B7J2, B7J6, B7J7 でも見た目はほぼ同じである。

code year photo
B7JE 2020 BLACK METALLIC X
LCX125 B7JE A


CYAN METALLIC 6
LCX125 B7JE B


MAT PURPLISH BLUE METALLIC 1
LCX125 B7JE C
B7JF 2020 BLACK METALLIC X
LCX125 B7JF A


CYAN METALLIC 6
LCX125 B7JF B


MAT PURPLISH BLUE METALLIC 1
LCX125 B7JF C


VIVID RED COCKTAIL 1
LCX125 B7JF D


REDDISH YELLOW COCKTAIL 1
LCX125 B7JF E
B7JG 2020 MAT DARK PURPLISH BLUE METALLIC 1
LCX125 B7JG A


MAT GRAYISH ORANGE METALLIC 1
LCX125 B7JG B
B7JH 2020 MAT DARK PURPLISH BLUE METALLIC 1
LCX125 B7JH A


MAT GRAYISH ORANGE METALLIC 1
LCX125 B7JH B

RAY ZR 同様、バリエーションとカラーの多さから、販売台数が多いことが伺える。RAY ZR と Fascino はエンジンや駆動系統、フロントフォーク、ホイール、燃料タンク、メットインボックスなどが共通で、フレームの基本構造も同じとなっており、RAY ZR は男性向け、Fascino は女性向けという外観で仕上げている。

モデルチェンジ前の2019年モデルの XC115C [Fascino] と LCX125 [Fascino] を写真で比較してみる。

XC115C-C 2019 B9C3 [Fascino]
XC115C B9C3
LCX125 2020 B7JE [Fascino]
LCX125 B7JE C

スリムになった印象である。

Fascino のフロントフェンダーの違いによるモデルコードの違いなんて、気にしている人は日本に何人いるのだろうかと考えてしまった。次回は今のところ未定。書きたいことは色々あるけど、資料が揃うかどうか。