「モデル研究」カテゴリーアーカイブ

鼓動の旧MT-03

今日は、旧 MT-03 の話。現在発売している MT-03 ではなく、ヨーロッパで発売していた 660cc の MT-03 のこと。区別をするために「旧」と付けた。

MT-03_5YK2_C_00

エンジンは XT660 と共通のものを搭載していて、特徴的なのはリアのサスペンションがエンジン右横に付けられていること。気になる左側面の写真は。

MT-03_5YK2_C_01

シングルエンジンだけど排気側が2バルブでポートもそのまま2つ出しているため、エキゾーストパイプが2本出ている。一度集合した後にシート下で再び2本に別けられて後方排気となっている。サスペンションが横にあるからこそできる排気管の取り回し。


モデルコードは 5YK で、2012年モデルでは 2BF となった。また、2007年にブラジルへ輸出されていて、モデルコードは 29D だった。2008年までは、当時の免許制度に合わせて馬力が 25kW のモデルを発売。

code name year country remarks
5YK1 MT-03 2006 欧州
5YK3 MT-03 2006 欧州 25kW model
5YK2 MT-03 2007 欧州
5YK4 MT-03 2007 欧州 25kW model
5YK5 MT-03 2008 欧州
5YK6 MT-03 2008 欧州 25kW model
29D1 MT-03 2008 ブラジル
5YK7 MT-03 2009 欧州
5YK9 MT-03 2011 欧州
2BF1 MT-03 2012 欧州、南アフリカ

ちょっと確実ではない話だけど、もともと MT-03 はヤマハのイタリア工場で生産していた。しかし、2009年にイタリア工場を閉鎖した関係で、2011年モデルの 5YK9 はヤマハのスペイン工場で生産となった。さらに、このスペイン工場も閉鎖してしまったため、2012年モデルの 2BF1 はフランス工場と言うか MBK の工場で生産となった。そのため、モデルコードが変更になったようである。

2009年の MT シリーズのカタログを眺めていたら、そのコンセプトが「鼓動」と言うことで、英語のカタログにも漢字が入っている。その入れ墨は何か違う。

MT-03_5YK7_cat_p2_e

さらに見ていたら、ガソリンタンクに「鼓動」の文字。いやいやいや、そこに漢字は無いな、と言うか撮影のために書いたのでしょ、と思っていたところ。

MT-03_5YK7_cat_p9_e

実機の写真にもちゃんと「鼓動」の文字が。スズキの「隼」は、自動二輪車に乗る人にとって世界共通語に近くはなったけど、「鼓動」は難しいし、こんな中途半端なところに貼らなくても。

MT-03_5YK7_B_00

パーツカタログを確認してみると、確かに2009年のモデルでは「鼓動」の文字があった。しかし、タンク一式のアッシーに含まれているため、ステッカーだけでは入手できない。ちょっと残念。

MT-03_5YK7_pcat_fig27_00

そんなヨーロッパ向けの、日本ではあまり知られてない車種。街中で MT-25 やその兄弟車の MT-03 を見かけることがあったら、この MT-03 も思い出してあげて欲しい。

SCR950が発売

三日前、FZ-10 が US の web サイトに掲載されたことに少し触れたけど、この FZ-10 と同時に SCR950 の掲載もされた。

XVS950XR_BL31_VRC1_00jpg

エンジンは XVS950 などと同系統のもので、スタイルは BOLT をリファインして XT500 の雰囲気を持たせた感じ。


個人的には、鍵穴が横にあるのが好きではない。ついつい抜き忘れてしまうので。ハンドルロックの鍵穴が別れているのは気にならないけど。アメリカンスタイルの生い立ちがあるので、このようになっているのでしょう。

XVS950XR_BL31_VRC1_01

ということで、いつものように調べてみた。この SCR950 はモデル名 XVS950XR で、この辺りは BOLT でも XVS950CU と付いてたりするので不自然ではないが、XVS と聞いてイメージするものとだいぶ違う感じになる。

モデルコードは BL3 になり、確認はとれていないがカルフォルニア州以外の US 向けは BL31 みたいである。車体番号は JYAVN08 で始まるもの。

US での値段は8699ドル、日本円で93万円ぐらい。BOLT が7999ドルなので、ちょっと高くなっている。日本で発売されたら、税抜きで90万円ぐらいという感じかな。この値段は魅力的だけど、はたして日本で発売されるかどうか。