「YZF-R6」タグアーカイブ

R6とR1の2017年モデルはプレスト扱いに

プレストが3月3日に2017年モデル YZF-R1 / YZF-R1M の取り扱いを、3月10日に2017年モデル YZF-R6 の取り扱いを発表した。

YZF-R1M 2017 2KSF
YZF-R1M 2KSF

つまり、ヤマハは日本での YZF-R1, YZF-R1M, YZF-R6 の正式発売をしないということである。せっかく久々に YZF-R6 をモデルチェンジしたので、日本でも売って欲しかったところ。


まずは、YZF-R1 / YZF-R1M について。プレストが扱うのは南アフリカ向けのモデルで、モデルコードは YZF-R1 が BX41 で、YZF-R1M が 2KSF になる。

YZF-R1 2017 BX41
YZF-R1 BX41

モデルコードを見るとわかるように、R1 については今年から BX4 を振り直ししていて、R1M については 2KS を継続使用している。わかっている YZF-R1 の2017年モデルを一覧にしてみる。

code name year country remarks
BX41 YZF-R1 2017 欧州、南アフリカ
BX42 YZFR1H 2017 USA
BX43 YZFR1HC 2017 カリフォルニア
BX42 YZFR1H 2017 カナダ
BX45 YZF-R1H 2017 オーストラリア

同様に YZF-R1M の2017年モデルを一覧にしてみる。

code name year country remarks
2KSF YZF-R1M 2017 欧州、南アフリカ
2KSG YZFR1MH 2017 USA
2KSH YZFR1MHC 2017 カリフォルニア
2KSJ YZFR1MH 2017 カナダ
2KSK YZF-R1MH 2017 オーストラリア

さらに US 向けに YZF-R1S が発売されている。昨年はカナダでも発売されていたが、今年からやめてしまったようである。その YZF-R1S の2017年モデルを一覧にしてみる。

code name year country remarks
B604 YZFR1SH 2017 USA
B605 YZFR1SHC 2017 カリフォルニア

これ以外に日本ではレースベースの YZF-R1 が発売される予定である。モデルコードは BH33 になるのかな。

続けて YZF-R6 について。プレストの web ページによると、青と黒の車体については南アフリカ向けを、白の車体についてはオーストラリア向けを扱うとある。北米向けでは、この3色の発売となっているが、ヨーロッパ向けでは2色のみなので変則的になってしまったようである。

YZF-R6 2017 BN64
YZF-R6 BN64

わかっている YZF-R6 の2017年モデルを一覧にしてみる。

code name year country remarks
BN61 YZFR6H 2017 USA
BN62 YZFR6HC 2017 カリフォルニア
BN63 YZFR6AH 2017 カナダ
BN64 YZF600 2017 欧州、南アフリカ

オーストラリア向けは未確認だけど、BN65 になるらしく。
表を見てえっ?と思った人がいるかもしれないが、ヨーロッパ向けはモデル名が YZF600 なのである。私も間違いかと思って見直したぐらいなのだけど、これは意外だった。なぜ Thunder Cat 時代のモデル名に戻ってしまったのか、調べてみたけどわからなかった。

オーストラリアでの販売台数を見るとかなり少なく、その販売数だったら日本でも売れないことはない気がするのだけど、型式登録とかプロモーションとかの費用を入れると割りに合わないのでしょう。VMAX がなくなってしまった今、YZF-R1 を日本で正式販売しても良いと思うのだけど。

パーツカタログのイラスト変更

書きたいことが色々溜まっている状態だけど、今日はパーツカタログに描かれている部品イラストの話を。

XP530A 2017 BX31 [TMAX SX]
XP530A BX31

「TMAXの2017年モデル」のときに、こんなことを書いた。

話が変わるが、新しい TMAX の2017年モデルである XP530 を調べていて違和感を感じた。どうも XP530 から管理体制の変更があったみたいである。

何となく感じていたその違和感の理由が判明した。


理由はパーツカタログに描かれているイラストが、線のデータから CAD のデータに変更になった。言葉で書くよりも実際に見るほうが早いので、2016年の TMAX のシリンダーヘッドのイラストと、2017年の TMAX のシリンダーヘッドのイラストを比べてみる。新しくなった方をイラストと呼んでよいのか悩むところだけど。

以前のイラスト
前のイラスト
新しいイラスト
新しいイラスト

古い方は何年も見慣れたイラストなので、新しいイラストはわかり辛く感じる。昔はこのイラストを手書きで書いていて、今は CAD の図面からトレースしているのだろうけど、CAD のデータをそのまま使うようになってしまったのである。このイラストの形式は TMAX だけでなく、カナダやヨーロッパでの YZF-R6 のパーツカタログでも使われ始めているのを確認できる。

このタイミングで、イラストの左下に書かれているイラスト番号の形式も変更になった。今まで「-」(ハイフン)が入っていたところが「D」となっている。拡大して見てみると。

古い形式(59C1300-L010)
59C1300-L010
新しい形式(BC31300DS010)
BC31300DS010

今は紙媒体で出すことが少なくなったので、ハーフトーン部分のインク量やコピーした時の滲みを気にする必要が減ってきた。それに加えて細かな部品に至るまで設計を CAD で行っているので、それを使うことで図面を別に描く手間が省ける。そんな思惑もあって、このようなイラストの変更になったのでしょう。

YZF-R1 14B マフラー CAD 画像
YZF-R1 CAD

これから CAD データを使ったパーツカタログが増えていきそうな感じなので、見る側も慣れていかないといけない。イラスト番号も含めて違和感があるけど、時代を考えると仕方ないところ。XP530/YZF-R6 に続けて、XMAX 300 でもこの形式のイラストが使われるのじゃないかと予想をしながら。