「YZF-R3」タグアーカイブ

YZF-R25等の日本向け2018年モデル

日本向け YZF-R25, YZF-R3, MT-25, MT-03 の2018年モデルが出るので、今日はその情報についてを。

YZF-R25 2018 B0E1
YZF-R25 2018 B0E1

YZF-R25 / YZF-R3 は1月20日発売予定、MT-25 / MT-03 は3月5日に発売予定となっている。


日本向け YZF-R25 / YZF-R3 / MTN250(MT-25) / MTN320(MT-03) の2018年モデルは、以下のモデルコートとなる。モデルコードの変更を確認するため、2017年モデルのモデルコードも入れている。

code name year country remarks
1WDD YZF-R25 2017 日本
1WDG YZF-R25 2017 日本 MotoGP Edition
B0E1 YZF-R25 2018 日本
2WD5 YZF-R25A 2017 日本
BS81 YZF-R25A 2018 日本
B02J YZF-R3A 2017 日本
B02N YZF-R3A 2017 日本 MotoGP Edition
BR55 YZF-R3A 2018 日本
B045 MTN250 2017 日本
B1E1 MTN250 2018 日本
B055 MTN320 2017 日本
B0B1 MTN320 2018 日本

2018年モデルは全てモデルコードが変更となっており、モデルコードから見る限りモデルチェンジと呼んでも良いぐらいのものになっている。

日本向け2018年モデルの YZF-R3 はモデルコードが BR55 となるが、BR5 のモデルコードは以下のようになっている。

YZF-R3 BR5
BR51 2018 欧州、南アフリカ、トルコ
BR52 2018 英国
BR53 2018 ロシア
BR54 2018 オセアニア
BR55 2018 日本
BR56 2018 台湾

MT-03 は欧州モデルなどで既に ABS を装着しているため、日本向けには欧州モデルなどで使われている B9A とは別のモデルコード B0B が使われて B0B1 となっている。せっかくなので、欧州などで使われている B9A のモデルコード一覧を見てみる。

MT-03 B9A
B9A1 2018 欧州、南アフリカ、トルコ
B9A2 2018 英国
B9A3 2018 ロシア
B9A4 2018 オセアニア
B9A5 2018 台湾

と振られており、日本以外の国のラインナップは YZF-R3 と同じようになっている。

YZF-R25 / YZF-R3 / MTN250 / MTN320 は世界各国で発売されており、モデルコードもかなりの数が存在していて全て追うのが大変である。2018年モデルの YZF-R3 だけでも上記の BR5 以外に。

code name year country remarks
2MS7 YZFR3J 2018 USA
2MS8 YZFR3J 2018 カナダ
2YPG YZF-R3 2018 メキシコ、コロンビア、
アルゼンチン
2YPM YZF-R3 2018 ベトナム
2YS3 YZF-R3A 2018 インド
B02P YZF-R3A 2018 タイ
B033 YZF-R3A 2018 ブラジル
BY93 YZFR3AJ 2018 USA
BY94 YZFR3AJ 2018 カナダ

とモデルコードがバラバラの状態になっている。

せっかくなので、日本向け2018年モデルの変更点についてを見てみた。YZF-R25 / MTN250(MT-25) では、まずカムプロフィールの変更があった。その影響もあってか、スパークプラグも CR9E から LMAR8A-9 に変更になり、インジェクターも変更された。YZF-R25 では ABS なしのモデルが発売になるが、2018年10月より ABS 装備の義務化がされるため、日本での YZF-R25 ABS 無しモデルの最後になりそうである。MTN250 でも同様で ABS を装備していないため、来年以降のモデルが発売される場合は ABS を装備して価格が高くなるでしょう。

YZF-R25 2018 B0E1
YZF-R25 2018 B0E1

YZF-R3 / MTN320(MT-03) でも YZF-R25 と同様の変更がされており、カムプロフィールの変更、スパークプラグの変更、インジェクターの変更などが行われている。日本向けのパーツカタログはまだ公開されていないが、この辺りの変更は欧州向けと共通と思われるので、欧州向けのパーツカタログが参考になる。

YZF-R3A 2018 BR55
YZF-R3A 2018 BR55

これだけ色々な国で発売されているので、世界を旅する自動二輪車として MT-03 を選択するのも悪くないと思ってきた。よく考えたら、南極大陸以外の全ての大陸で販売されているし。

YZF-R25/YZF-R3の2018年モデル

日本で YZF-R25 と YZF-R3 の2018年モデルが発表になった。2018年1月20日に発売予定とのこと。

YZF-R3 2018
YZF-R3 2018

YZF-R25 も YZF-R3 も平成28年排ガス規制に対応して、エンジンスペックが変更となっているがその他装備の変更はなく、外観上での違いは見つけられない。


まず、YZF-R25 について。引き続き ABS 無しの YZF-R25 と ABS 装備の YZF-R25A の販売で、どちらもモデルコードが不明。排出ガス規制の変更がなかったインドネシアの2018年モデルは引き続き 1WD / 2WD を使って、1WDH / 2WD7 が振られているが、ヨーロッパ向け YZF-R3 の変更点を見る限りだいぶ多いので、日本向けの YZF-R25 もモデルコードが変更されそうである。

2018年1月17日追記
モデルコードについて判明したので、そちらも参考に。
YZF-R25 2018
YZF-R25 2018

YZF-R3 ABS もモデルコードが不明だけど、ヨーロッパ向けや北米向けの2018年モデルでモデルコードが変更になっているので、日本向けも変更になると思われる。多分、ヨーロッパやオセアニア向けと同じ BR5 が使われるのではないかと。

YZF-R3 2018
YZF-R3 2018

カラーなどは公式ページや色々な場所で紹介されているので省略して、写真の合成の話でも。例えば、YZF-R3 と YZF-R25 と YZF-R25A では同じ写真から CG 合成を使ってそれぞれのモデル写真にしている。なんとなく ABS 無しの YZF-R25 の写真から YZF-R25A や YZF-R3 の写真を作っているのかと思っていたが、どうも違うようである。さらに、合成のミスが残っていたりするので、ここでその話を。

YZF-R25 2018
YZF-R25 2018
YZF-R25A 2018
YZF-R25A 2018
YZF-R3A 2018
YZF-R3A 2018

上の写真を見ると、どれも元が同じ写真ということがわかると思う。せっかくなので、アニメーションにしてみる。

YZF-R25 YZF-R25A YZF-R3A 2018

どれがオリジナルなのか、写真をよく見ればわかるときがあるのだけど、今回は珍しく日本のヤマハがやらかしているので、すぐにわかったりする。おかしなことに気が付いたのは、YZF-R25 の「ホワイト」での写真をみたときで、何だろうと思ったのが始まり。

YZF-R25 2018

写真が小さいので問題の前輪を拡大してみる。

YZF-R25 2018 前輪

見てわかると思うが、消し残しがある。ピンとこない人のために消し残しの部分と、元となったと思われる YZF-R25A の写真を。

YZF-R25 2018 前輪
YZF-R25A 2018 前輪

YZF-R25A の写真から ABS 周りのものを消して YZF-R25 の写真にしたが、珍しく消し残したことがわかる。
さらに、YZF-R25A にはカウルに汚れがあるが、YZF-R3A や YZF-R25 にはその汚れが消されているので、元の写真は YZF-R25A ということがわかる。

YZF-R25 2018
YZF-R3A 2018

そんなところを見ている人は少ない気がするけど。
モデルコードなどが判明したら、また追記する予定。