「MXT850」タグアーカイブ

MXT850 NIKEN のパーツカタログが公開2

NIKEN の日本向けパーツカタログが公開されていた。今日はそのパーツカタログで確認できたことなどを比較してみようかと。新しい SR400 のことを書きかけていたけど、大した情報がなかったのでボツにして。

MXT850 2018 BD51 [NIKEN]
MXT850 BD51

パーツカタログが公開されたので、日本向けの年式が2018年と判明した。USA 向けは2019年となっているのと、9月なので微妙な時期であったが、2018年としたようである。パーツカタログを見る限り、日本向けと USA 向けはほぼ同時に開発が進められていた。


現在 NIKEN はヨーロッパ向け、オーストラリア向け、USA 向け、日本向けの4モデルが発売されている。前回書いたが、日本向けの年式が2018年とわかったので、改めて表にしてみる。今のところ USA のみモデル名が MXT9 となっており、他は MXT850 である。

code name year country remarks
BD51 MXT850 2018 ヨーロッパ NIKEN
BD52 MXT850K 2018 オーストラリア NIKEN
BD58 MXT850 2018 日本 NIKEN
BD5A MXT9K 2019 USA

各国向けの装備の違いで、まずイモビライザーとヘルメットホルダーの有無が違っている。

MXT850 BD58 [NIKEN] ヘルメットホルダー
MXT850 BD58

両方装備している日本向けは、ある意味一番豪華と言って良い。イモビライザーとヘルメットホルダーの有無を一覧にしてみる。

モデル名 MXT850 MXT850K MXT850 MXT9K
モデルコード BD51 BD52 BD58 BD5A
欧州 豪州 日本 USA
年式 2018 2018 2018 2019
イモビライザー
ヘルメットホルダー

部品単位で見ていくと、USA 向けはウィンカーの違いがある。言葉で説明するのは難しいので、写真で比較してみる。CG で描いているようなので、アニメーション GIF にしてみた。

MXT850 BD5 Blinker

さらに USA 向けではナンバー横にもリフレクターが装着されている。CG で描くのは良いけど、ちゃんと影も処理して欲しかったな。

MXT850 BD5 Number Plate Holder

メーターの種類は3種類あり、日本はヨーロッパの大陸側向けと同じである。

MXT850 BD51 [NIKEN] SPEEDO METRE
MXT850 BD51

メーターの部品番号と仕向国・表示について、表にしてみる。基本的に速度と温度の単位の違いに起因するものである。

部品番号 仕向国 速度単位 温度単位
BD5-83500-00 欧州・豪州・日本 km/h
BD5-83500-10 UK mi/h
BD5-83500-20 USA mi/h

他にパーツカタログで気になることは、ヨーロッパ・オーストラリア向けのパーツカタログには部品の抜けがあり、日本や USA のパーツカタログでは追加修正されている。抜けているのは Fig 38 でのロックナットで、90185-10170 が2つ足りていない。これはそのうちパーツニュースが出て、修正されるでしょう。

モデルコードを見ればわかるように、これから他国向けの販売が控えている。次はどこの国向けでどんな装備で発売されるのか、楽しみである。

MXT850 NIKEN が日本でも発売に

日本でも MXT850 NIKEN が発売されることになった。日本の交通事情や値段を考えると、爆発的に売れることはないだろうけど、走っている姿のインパクトは大きそうである。

MXT85 BD58 [NIKEN]
MXT85 BD58

日本向けの NIKEN のモデルコードは BD58 になった。BD51 がヨーロッパ向け、BD52 がオーストラリア向けなので、5つ間が空いている。US 向けは BD5A となったので、5つ空いたモデルコードにはアジア圏の国がいくつか入ってきそうである。年式は2018年になるのか2019年になるのか確認中。


まず、ヨーロッパ向けと日本向けで写真を比較してみる。カラーは同じ DARK GRAY METALLIC G なのだけど、光の具合で違っているように見える。

MXT850 BD51 [NIKEN] ヨーロッパ
MXT850 BD51
MXT850 BD58 [NIKEN] 日本
MXT850 BD58

まず目に付いたのが、シート形状が異なること。シートが低くなっているように見えたので、背の低い日本人のためにシート高を下げたのかと調べてみたが、シート高は同じだった。シート形状で足つきを改善しているのでしょう。

MXT850 BD51 [NIKEN] ヨーロッパ
MXT850 BD51
MXT850 BD58 [NIKEN] 日本
MXT850 BD58

あとは殆ど同じだが、マフラー下を通っているガードのような部品の質感があがっている。写真では見えない部分でも、改善が入ってそうである。

MXT850 BD51 [NIKEN] ヨーロッパ
MXT850 BD51
MXT850 BD58 [NIKEN] 日本
MXT850 BD58

こちらもほとんど同じだが、ヨーロッパ向け、日本向けのスペックを比較してみる。US 向けも比較に入れたかったのだけど、使用している単位がメトリックではないのでやめることに。

モデル名 MXT850 MXT850
モデルコード BD51 BD58
欧州 日本
年式 2018 不明
全長 2150 mm 2150 mm
全幅 885 mm 885 mm
全高 1250 mm 1250 mm
軸距 1510 mm 1510 mm
シート高 820 mm 820 mm
最低地上高 150 mm 150 mm
装備重量 263 kg 263 kg
燃料容量 18.0 l 18.0 l
ボア×ストローク 78.0 × 59.1 mm 78.0 × 59.0 mm
排気量 847.2 cc 845.8 cc
圧縮比 11.5 : 1 11.5 : 1
1次減速比 79/47 (1.681) 79/47 (1.681)
2次減速比 47/16 (2.938) 47/16 (2.938)
Fタイヤサイズ 120/70 R15 120/70 R15
Rタイヤサイズ 190/55 R17 190/55 R17

ボア×ストロークの値が違っており、その影響で排気量に数 cc の違いが出ている。これは、誤差の範囲内なのか、意図的なものなのか。現在発売中の Tracer 900 などでの表記を確認すると、はやりストロークが 0.1 mm 違っており、パーツカタログで確認してみるとシリンダヘッド、シリンダ、クランクが同じ部品なので、誤差の範囲内ということになる。

それにしても、NIKEN が日本で見られる日が楽しみである。