「教習車」カテゴリーアーカイブ

大型と小型の教習車

普通自動二輪車の教習車・試験車を書いたついでに、大型自動二輪車の教習車・試験車を書き始めたが、あっさり終わってしまったので普通自動二輪車の小型限定も入れたものにしようかと。

FZX750L 1998 3XF4
FZX750L 3XF4

教習車・試験車に乗るのは基本的にその排気量帯に乗ったことがない人たちなので、良いモデルを作ったとしてもそれが本当に「良い」モデルなのか判断してもらえないところがある。例え良いモデルを作って教習車や試験車でアピールをしても訴求力に欠けてしまうので、難しいところなのだけど。


ヤマハは教習所を運営している関係で、どうしても教習車を自前で用意する必要があるというところがある。今の時代となっては頭の痛い問題なのかもしれない。
ということで、まずは普通自動二輪車の小型限定のモデルを。SR125L の前は YB125 が使われていたという話なのだけど、あまりにも昔の話で確認がとれなかった。

name code / year photo
SR125L 19W
1982
SR125L 19W
SR125L 3LB1
1988
(写真なし)
SR125L 4DD1
1991
SR125L 4DD1
SR125L 4WP2
1996
SR125L 4WP2

普通自動二輪車の小型限定のAT限定では、シグナス X の車体が使われた。今のところ、そのモデルのみだけど表にして。

name code / year photo
XC125L 5UA3
2004
XC125L 5UA3

続けて大型自動二輪車の教習車・試験車を。
やっぱり1980年代前は情報が少なく不明な点が多いのだけど、XJ750EII の試験車があったという話である。

name code / year photo
FZX750L 3XF3
1996
(写真なし)
FZX750L 3XF4
1998
FZX750L 3XF4
XJR1300L 1PK1
2011
XJR1300 1PK1

大型自動二輪車の AT 限定については、ヤマハは該当モデルを発売していない。排気量的に既存のモデルを流用できないし、免許取得希望者も少ないため必要性が少ないと思っているのでしょう。

SR125L の後継はいつのことになるのだろうか。YS125 あたりを正式販売して、ついでに教習車も発売すればという淡い期待をして。

普通自動二輪教習車

今日は普通自動二輪車の教習車・試験車について。昔で言うところの中型自動二輪車。

FZ400L 1KF

教習車・試験車になるには例えばセンタースタンドがないと駄目など、必要な装備がある。それに加えて尖った性能を持っていたりするとふさわしくないし、意外と難しいようである。SR400 にセルモーターが付いていれば教習車・試験車にピッタリなのだけど、そこはヤマハのこだわりなので難しいところ。


調べてみたのだけど、1980年代以前についてはよくわからなかった。なので、1980年以降についてを。面白いのが FZ400L と XJ400L の関係で、どちらも2モデルが出ているが全く違うと言って良いモデルである。

name code / year photo
XS400L 3X8
1980
XS400L 3X8
XJ400L 39N
1983
XJ400L 39N
FZ400L 1KF
1985
FZ400L 1KF
XJ400L 4BP2
1993
XJ400L 4BP2
FZ400L 4YR2
1997
FZ400L 4YR2
XJR400L 4HME
2001
XJR400L 4HM

こうやって見ていると、1960年代のモッズカスタムのようにも見えてくるのが不思議なところ。
モデル名で色がついているのは、モデルコードが確認できないもの。多分だけどモデルコードは振らずに、ヤマハモーターエンジニアリングかヤマハ発動機販売が製作しているのではと予想している。

2005年から自動二輪車にも AT 限定が設定されたため、AT 限定用の車両が必要となった。そこで、マジェスティ 400 の教習仕様を発売することになる。

name code / year photo
YP400 5RUD
2005
YP400L 5RUD

前後にランプが3つ追加されているが、左右のブレーキの様子と、急制動のために 40km/h を越えたときに光るもののようである。

ヤマハの現在のラインナップを見ると、普通自動二輪の教習車・試験車になり得るモデルが存在しないのも悲しいところ。とは言ってもホンダは力を入れていて、NC700X をわざわざ教習車・試験車のために排気量を増やして発売したのには驚いたものである。ヤマハも負けじと発売して欲しいものである。