CE50 JOGの年式の前に

そろそろヤマハ製最後の JOG が新車で手に入らなくなってきたので、今日は CE50 の年式を書こうと思った。せっかくの機会なので、1980年代からの CE50 についてにしようかと。そうすると、大きな分類の仕方と、JOG 以外も含まれているので、その説明が必要だなと。

CE50E 1983 27V [JOG]
CE50E 27V

奇しくもヤマハ製 JOG の歴史は CE50 で始まり、CE50 で終わることに。その間、CJ50 CHAMP や、YA50 AXIS など 50cc クラスのモデルが出ては消えていく中、35年も販売していた息の長い販売名であった。ヤマハと言えば JOG と言う人も多いのではないかと思う。


実をいうと、タイトルに CE50 JOG と書いてしまっているが、CE50 でも JOG ではない名前のモデルもあり、奥が深いもの。まずはその CE50 について、大きく3つに分けることにする。

CE50 の大分類

  • 1980年代の初代 JOG と PERLA
  • 2005年から2009年まで台湾で発売されていた FANCY JOG
  • 2007年から2017年まで日本で発売されていた JOG

FANCY JOG については、資料によって JOG FANCY となっていたりしているが、ここでは FANCY JOG で統一することに。2007年から日本で発売された JOG は FANCY JOG をベースにしたもので、近い存在といえるもの。
写真で各モデルを比較してみる。

CE50E 1983 27V [JOG]
CE50E 27V
CE50N 2009 41P1 [FANCY JOG]
CE50N 41P1
CE50 2007 3P31 [JOG]
CE50 3P31

1980年代の CE50 では、PERLA という日本人には聞きなれないペットネームも付けられていた。これはベネズエラやドミニカで販売されたときのペットネームで、スペイン語での発音で「ヨグ」になるのを嫌ったのか、現地での商標とぶつかったのか不明だが、JOG の名前は使われなかった。

CE50E 1983 46V [PERLA]
CE50E 46V

南アフリカでは JOG の名前のままで販売された。北米でも JOG の名前が付けられていたが、スクーターは RIVA シリーズとしての位置付けがあったため、正確には RIVA JOG と言う名前での販売であった。そんな初代 JOG でもある1980年代の CE50 は1987年が最終年式となり、日本では CG50 へ引き継がれた。

その18年後、台湾で2005年に CE50 [FANCY JOG] が発売となる。女性をターゲットとしていたモデルで、カタログに女性モデルを掲載したり、ピンク色のカラーがあった。

CE50 2006 1P42 [FANCY JOG]
CE50 1P42 brochure

2007年にその FANCY JOG をベースに日本で JOG シリーズが発売される。フロント周り異なるもののリア回りはほとんど同じで、ステップボードにパッセンジャー用足置きの突起があるのは流用の名残である。

CE50 2017 3P3S [JOG] ステップボード
CE50ZR 3P3S

復活した CE50 JOG も2017年モデルが最終となり、2018年モデルからホンダ製の CEH50 JOG となった。

次回はまず1980年代の CE50 [JOG / PERLA] の年式についてを。1980年代なので、少し時間がかかるかもしれないけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*