欧州でYZF-R1Mの2018年モデル注文開始

ヤマハヨーロッパは、一昨日の2017年11月27日に YZF-R1M 2018年モデルの予約を開始した。

YZF-R1M 2018
YZF-R1M 2018

UK での価格は 19,799ポンドで、2017モデルから400ポンドの値上げ、フランスでの価格は 23,999ユーロで、2017年モデルから200ユーロの値上げ。値上げは仕方ないかもしれないが、どんどん手が届かない値段になっていく気がして。


モデルコードは今のところ不明。2017年モデルで、排出ガス対策やそこそこ装備の変化があったのだけど、モデルコードは 2KS のままだったので、2018年も 2KS のままのではないかと予想する。
これまで通りカラーは1色で、2017年モデルのカウル下側とマフラーヒートガードが黒色になった。その他の外観については、シールド横のロゴの色が違うぐらいで全く同じ。

YZF-R1M 2018
YZF-R1M 2018

発表の説明を読むと、2018年モデルではクラッチなしでシフト操作ができるクイックシフトシステム(QSS)がシフトダウンでも動作するようになったのと、エレクトリックレーシングサスペンション(ERS)が更新されたとのこと。毎年のように進化し続けている。

折角なので、これまでの YZF-R1M のカラー一覧を。

YZF-R1M 2015 2KS1
YZF-R1M 2015
YZF-R1M 2016 2KSC
YZF-R1M 2016
YZF-R1M 2017 2KSF
YZF-R1M 2017
YZF-R1M 2018
YZF-R1M 2018

並べてみると、2018年モデルは黒が締まって見えて、精悍さが出た感じがある。

2015年と2016年モデルはプレストが発売したが、2017年モデルは発売がなかった。2018年モデルはどうするのだろうか。何百台も売れるモデルではないので難しいかもしれないが、ヤマハのフラッグシップなのでなんとか国内でも販売して欲しいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*