「TMAX」タグアーカイブ

TMAX がモデルチェンジして XP560 に

ヨーロッパで現地時間の11月3日に、モデルチェンジや新機種の発表があった。今日はそのなかで、モデルチェンジして排気量が増えた TMAX XP560 についてを。発表では トリシティの 300cc 版である MW300 の発売もあったので、そっちも気になるところだけど。

XP560 2020 B7M1 [TMAX Tech MAX]
XP560 2020 B7M1 [TMAX Tech MAX]

このモデルチェンジでは、ボアが 2mm アップされて、561.9cc となった。発売当初の 499.5cc から 530.2cc となって、2度目の排気量アップである。


分かっているモデルコードはヨーロッパ向けだけだが、恒例なのでいつものようにモデルコード一覧を。ヤマハヨーロッパのページを見て、DX 版も出たと勘違いしていたが、現在掲載されている TMAX DX は XP530 の方である。

code name year country remarks
B3T1 XP560E 2020 ヨーロッパ TMAX
B7M1 XP560D 2020 ヨーロッパ TMAX Tech MAX

モデルコードやパーツカタログを見る限り、先行開発が B7M の XP560D であったようである。モデルコードから憶測すると、2019年モデルとしても出てもおかしくないぐらいなのだけど、タイミングを待ったのか開発に時間がかかったのか2020年モデルとなった。

このモデルチェンジでは外見の変更は少なく、エンジン周りを中心に変更された。XP530 の最終である XP530D-A BC3D と写真で比較してみる。

XP530 2019 BC3D [TMAX DX]
XP530 BC3D
XP560 2020 B7M1 [TMAX Tech MAX]
XP560 B7M1

ブレーキランプからのリアカウルと、フロントウィンカー周りに変更があったものの、大きく印象が変わっていはいない。各種新機能などは、紹介サイトがいくつもあるので、そちらに任せることにして、XP500, XP530, XP560 でエンジン周りを中心に変更を追ってみる。

code 5GJ1 BC31 B7M
model XP500 XP530D XP560D
country 欧州 欧州 欧州
year 2001 2017 2020
ボア×ストローク 66.0 × 73.0 68.0 × 73.0 70.0 × 73.0
排気量 499.5 530.2 561.9
圧縮比 10.1 : 1 10.9 : 1 10.9 : 1
最大馬力 29.4 kW 33.8 kW 35.0 kW
最大トルク 45.8 Nm 53.0 Nm 55.7 Nm
エンジンオイル量 3.6 l 3.5 l 3.5 l
スパークプラグ CR7E CR7E LMAR7G
燃料容量 14.0 l 15.0 l 15.0 l
全長 2235 mm 2200 mm 1690 mm
全幅 775 mm 765 mm 765 mm
全高 1410 mm 1420~1555 mm 1420~1555 mm
軸距 1575 mm 1575 mm 1575 mm
最低地上高 130 mm 125 mm 125 mm
装備重量 217 kg 216 kg 220 kg

シリンダーブロックの幅は変わっていないので、まさにギリギリまでボアアップしている。

排気量アップの裏には排出ガス制限があるので、一概に性能に繋がる訳ではないが、進化しているのは確かである。個人的には性能を落とさずに排気量ダウンするのも、技術力のアピールとしては悪くはないと思う。市場が嫌うかもしれないけど。

日本でTMAX530が発売に

10日も前の話になるが、海外では発売予告されていた XP530 が日本でも発売になるとヤマハ発動機から発表された。

XP530 2017 BC34 [TMAX 530]
XP530 BC34

ヨーロッパでは TMAX / TMAX SX / TMAX DX の3バリエーションの販売だが、日本では TMAX SX と TMAX DX の2バリエーションとなる。


モデル名は、ヨーロッパモデルと同じように DX が XP530D-A に、SX が XP530-A になる。モデルコードも同じように DX が BC34 に、SX が BX34 に。
いつものように、モデルコード一覧を。せっかくなので、わかっているヨーロッパ向けモデルも入れてみる。

code name year country remarks
BC31 XP530D-A 2017 欧州、南アフリカ DX
BC34 XP530D-A 2017 日本 DX
BV11 XP530E-A 2017 欧州、南アフリカ
BX31 XP530-A 2017 欧州、南アフリカ SX
BX34 XP530-A 2017 日本 SX

日本向け DX のモデルコードが BC34 で、ヨーロッパ・南アフリカ向けが BC31 なので、間が2つ開いている。同様に SX でも2つ開いている。開いているところは台湾向け、ロシア向け、カナダ向け、オーストラリア向け辺りが入ってきそう。

アルミニウムフレームでかなりの軽量化を施したが、値段の方は軽量化できなかったようで SX モデルでも現行よりだいぶ高くなる。装備を考えると仕方ないと思うところもあるが、個人的にはちょっと手が出し辛くなったなという感じ。キャッチコピーに「大人の週末は、さらに贅沢です。」とあって、これをどう解釈するべきか考えてしまった。

日本向けでは DX に搭載されているクルーズコントロールを外してくると予想していたが、そのまま搭載するようである。これはうれしい誤算。日本ではあまりクルーズコントロールを使う機会はないかもしれないけど、高速道路では腕の疲れ具合が違う。その他の装備も含めてヨーロッパ向けと比較してみた。

TMAX TMAX
SX
TMAX
DX
TMAX
SX
TMAX
DX
コード BV11 BX31 BC31 BX34 BC34
販売国 欧州 欧州 欧州 日本 日本
トラクションコントロール
TFT 表示パネル
キーレススマートキー
センタースタンドロック
バッテリー充電ソケット
Dainese セーフティシステム
D-MODE
MY TMAX コネクト
内側パネル高品質仕上げ
クルーズコントロール
グリップ&シートヒーター
電動スクリーン

MY TMAX コネクト (MY TMAX CONNECT) は、遠隔地からでもスマートフォンを使って自分の TMAX がどこにあるかの情報を受け取ったり、クラクションやウィンカーを動作させることができるもの。ヨーロッパ向けでは TMAX に GPS を搭載し、Vodafone の電波を使って情報のやり取りをして実現している。非常に素晴らしい機能なのだけど、日本向けでは法規的な問題か携帯電話キャリアとの連携が問題なのか、搭載が見送られている。ここは残念なところ。

MY TMAX CONNECT
MY TMAX CONNECT

MY TMAX コネクトは外されたが、TFT メーターパネルにクルーズコントロールと、これまでとは違う次世代のスクーターになっている。日本で見られる日が楽しみである。