「MTN155」タグアーカイブ

タイでMT-15発売

今日は別なモデルのことを書く予定だったのだけど、昨日タイで MT-15 が発売されたため、今日は MTN155 [MT-15] についてを。

MTN155 2019 B7D1 [MT-15]
MTN155 B7D1

もう既に書いてしまったが、MT-15 はモデル名 MTN155 となり、タイ向けでのモデルコードは B7D が割り振られた。インドネシアではまだ発売されていないが、インドネシア向けは B8D が割り振られている。


タイ向けはタイ製造となり、インドネシア向けはインドネシア製造となる。まずは、いつものようにモデルコード一覧を。ヤマハタイの web ページには MT-15[2018] とあるが、モデル的には2019年モデルとなっている。

code name year country remarks
B7D1 MTN155 2019 タイ
B8D1 MTN155 2019 インドネシア

インドネシアでは10月発売の予定であったが、YZF-R25 / YZF-R3 のリコールなどもあって延期となっている。もうしばらくしたら発売されるとの情報もあるが、リコールの状況次第のようである。

実はタイで MT-15 が発表されたとき TFX150 M-SLAZ のモデルチェンジぐらいに考えていて、ここには書かなかった。結局、ペットネームも MT-15 で販売となった。TFX150 の M-SLAZ や XABRE や TFX 、VXN155 の VIXION 、FZ150 の BYSON や FZ150i のリプレイスとなっていくようだけど、しばらくは併売されそうである。まずは、タイでの M-SLAZ と比較をしてみる。

MTN155 2019 B7D1 [MT-15]
MTN155 B7D1
TFX150 2018 B485 [M-SLAZ]
TFX150 B485

かなり似た外観となっている。
インドネシアでは XABRE と VIXION に加えて、空冷の BYSON や、250cc クラスの MT-25 も発売されているので競合しそうである。インドネシアでは MT-15 の発売がまだなので、タイ向け MT-15 の写真と、XABRE, VIXION, BYSON, MT-25 と比較してみる。

MTN155 2019 B7D1 [MT-15] (タイ)
MTN155 B7D1
TFX150 2017 BG72 [XABRE]
TFX150 BG72
VXN155 2019 BT32 [VIXION R]
VXN155 BT32
FZN150 2017 2UP3 [BYSON FI]
FZN150 2UP3
MTN250 2018 B047 [MT-25]
MTN250 B047

これだけ発売するとなると、かなり分散がおきてしまう。2018年モデルが出ていない XABRE と BYSON はそのまま発売終了でしょう。
この MTN155 MT-15 エンジンはインドネシアでは既に VIXION R に搭載されており、155cc 版の YZF-R15 とも共通のエンジンである。さらには、TRICITY 155 や NMAX 155 などのスクーターモデルともシリンダーを共通化しており、うまく流用している。そのため、改造パーツの流用ができたりするので、チューニングする人にとってもありがたいことになっている。

タイではパーツカタログが公開されているので、ざっと眺めてみると、YZF-R15 や M-SLAZ などから流用している部品が多く、うまくまとめた感じである。パーツカタログで見慣れないモデルコードが1つあって、イグニッションコイルが B0A から始まる部品番号となっている。手元の資料を見てみたが B0A から始まるモデルコードは確認できなかったので、これが他の国向けの MT-15 となるのか気になるところ。

155cc 版の YZF-R15 はインドでも製造されており、この流れでいくとインドでも MT-15 が発売されそうである。ヨーロッパや日本で正式発売は厳しいかもしれないが、南米などを含めた新たなるグローバルモデルとして広がりそうである。