「発売予想」カテゴリーアーカイブ

CE50最後のヤマハ製JOGか

CE50 の新しいフレーム型式についての情報をもらった。CE50 JOG は既に2017年モデルを出しているので、え?と思ったが調べてみると確かに出そうな雰囲気である。

JOG
JOG

少しセンセーショナルなタイトルを付けたが、昨年10月にヤマハ発動機は 50cc の原付において2018年中にホンダより OEM 供給を受けると発表した。折しも継続販売中のモデルも新しい排出ガス規制の対象となる時期が夏と迫っている時期である。来年から OEM 供給を受けるのに、あえて規制後に発売するとも思えず、これがヤマハ発動機製の最後の JOG になるのではないかと。


昨年末にヤマハ発動機は JOG の2017年モデルを発表し、販売中である。この JOG のモデルコードは引き続き 3P3 を使っているのだけど、3P3U から振られており 3P3P ~ 3P3T が開いた状態になっていて不思議に思っていた。今回の2回目の2017年モデルで、その開いた4つが埋められた感じとなった。その 3P3 モデルを一覧にしてみる。

code name year frame remarks
3P31 CE50 2007 SA36J
3P32 CE50D 2008 SA39J
3P33 CE50ZR 2009 SA39J ZR
3P34 CE50 2009 SA36J
3P35 CE50D 2009 SA39J
3P36 CE50 2011 SA36J
3P37 CE50D 2011 SA39J
3P38 CE50ZR 2011 SA39J ZR
3P39 CE50 2013 SA36J
3P3B CE50ZR 2013 SA39J ZR
3P3C CE50 2013 SA36J
3P3D CE50D 2013 SA39J
3P3E CE50ZR 2013 SA39J ZR
3P3F CE50P 2015 SA36J PETIT
3P3G CE50 2015 SA36J
3P3H CE50D 2015 SA39J
3P3J CE50ZR 2015 SA39J ZR
3P3K CE50 2015 SA55J
3P3L CE50D 2015 SA56J
3P3M CE50ZR 2015 SA56J ZR
3P3N CE50P 2015 SA55J PETIT
3P3P CE50J 2017 SA57J
3P3R CE50S 2017 SA58J DELUXE
3P3S CE50ZR 2017 SA58J ZR
3P3T CE50P 2017 SA57J PETIT
3P3U CE50J 2017 SA55J
3P3V CE50S 2017 SA56J DELUXE
3P3W CE50ZR 2017 SA56J ZR
3P3X CE50P 2017 SA55J PETIT

新しいモデルは、フレーム型式がディスクブレーキモデルについては SA58J に、ドラムブレーキモデルについては SA57J となる。

このモデルでは何が違っているのか、こっそり聞いてみたところによると、チャコールキャニスターが付いているが 50km リミッターなどは付いていなく、マフラー・インジェクタ・駆動系・ECU の変更も無いそうで、排出ガス規制前としてのモデルのようである。来月には出るのではないかと言う話で。

流れを考えると、このモデルがヤマハ発動機製の最後の JOG になってしまいそうである。先日ある方と喋っていて、中山雅史の JOG アプリオの CM の話が出て、懐かしい思いをする機会があった。人それぞれの思い出の JOG があったりするのだろうなと思った瞬間でもあった。そんな少しノスタルジアを感じながら、世界は変わっていくのでしょう。

2017年8月1日追記
ここで書いたモデルが、28年度排出ガス規制対応モデルとして2017年7月25日に発表された。最後の JOG になるかはわからないが、2018年モデルとして Movistar Yamaha MotoGP Edition も発売されたこともあり、しばらくは継続販売されそうである。

アクシストリートとアクシスZの2017年モデル

今日は、日本で発売されるアクシス Z と、アクシストリートの2017年モデルについて。

XC125E [AXIS TREET] 2015 41D5
XC125E 41D5

10日ほど前にアクシス Z の情報が入ったので、ここに書こうかと思っていたところ、ヤマハの部品情報検索にアクシストリートの2017年モデルが掲載された。これはアクシス Z の発売中止なのか、発売延期の前触れなのか、それとも併売するのか、判断がつかなかったので一旦保留にした。ところがここにきて、アクシス Z がスケジュール通り発売される情報が入ったので公開することにした。


まず、アクシストリートの2017年モデルについて。
ヤマハの部品情報検索に何の前触れもなくアクシストリート2017年モデルが入った。カラーバリエーションは2015年モデルと全く一緒。パーツカタログで2015年モデルからの変更を調べてみると、こんな感じになった。

・アッセンブリ設定のみだったいくつかの部品が個別でも設定された
・フロントホイールの速度メータ用ギアにオイルシールが入った
・メインのキーシンダー部分で部品番号の変更
・配線止めのクランプがプロテクタに変更

実質キーシリンダーの変更と速度メータ用ギアにオイルシールが入っただけで、どちらにしても性能に大きな影響を及ぼすものではない。2017年モデルが出たことで、もうしばらくアクシストリートの発売を継続をするのかと思ったが、色の変更も行わずに2017年モデルになっても広報から情報も出ていないため、排ガス規制前のモデルとして出しておいただけなのかもしれない。そう言えば2013年も同じようにひっそりと 41D4 のモデルコードになったこともあったな。
発売中止になるのかどうかはもう少し様子を見る必要がありそう。

ということで、気になる2017年モデルのアクシス Z の情報を。モデル名は以前伝えたように LTS125 となり、モデルコードは B7A1 になる。
表にするまでもないけど、恒例なので一覧を。

code name frame year country remarks
B7A1 LTS125 SED7J 2017 日本 AXIS Z

色は赤、白、濃い青、銀の4色で、見た目は台湾モデルとほとんど変わらない。レッグシールドのリフレクタも付けてきたぐらい変わらなくて驚いたけど。もらった情報によると、諸元は以下のようになる。せっかくなので、現行のアクシストリートと台湾の AXIS Z と比較する。

model AXIS TREET AXIS Z AXIS Z
code 41D5 B7A1 2TS1
日本 日本 台湾
年式 2015年 2017年 2016年
全長 1795 mm 1790 mm 1790 mm
全幅 675 mm 685 mm 685 mm
全高 1070 mm 1145 mm 1145 mm
軸間距離 1255 mm 1275 mm 1275 mm
装備重量 110 kg 100 kg 100 kg
燃料容量 5.6 l 5.5 l 5.5 l
前輪 3.50-10 100/90-10 100/90-10
後輪 3.50-10 100/90-10 100/90-10
B×S 51.5×60.0 52.4×57.9 52.4×57.9
圧縮比 9.5 : 1 11.0 : 1 11.0 : 1
前ライト PH12 40/40 W HS1 35/35 W HS1 35/35 W

やはり、台湾モデルと合わせてホイールを10インチにしてきた。ここはアクシストリートの後継という位置や、シグナス X の存在もあるので、ベトナム向け LTS125 のように12インチにはできなかったのでしょう。

アクシストリートには Dio 110 や アドレス 110 といったライバルが出てきて、排気量が大きいのに馬力は負けているし、燃費も追いつかないため苦しい戦いになっている。
アクシス Z の登場で巻き返しをしてもらいたい。