2サイクルのYW50の年式

今日は2サイクルエンジンを搭載した YW50 の年式についてを。4サイクルエンジンとなった YW50 は現在も発売中なので、2サイクルエンジンと限定をした。台湾と日本では、BW’s というペットネームで、北米では ZUMA というペットネームで発売されていた。

YW50 2011 5PJ8 [ZUMA]
YW50 5PJ8

元々の BW’s / ZUMA は1988年に発売されたモデルで、日本で製造され各国に輸出されていた。この日本で製造されていた BW’s / ZUMA のモデル名は CW50 で、欧州では CW50 が排出ガス規制 EURO4 前の2016年まで発売されていた息の長いモデルだった。今回の YW50 は1997年より発売されたモデルで、台湾での製造となっている。


2サイクルエンジン版の YW50 は台湾、日本、USA、カナダで発売されていた。いつものように、モデルコード一覧を。

code name year country remarks
4WX1 YW50 1997 台湾
5DA1 YW50 1998 日本
5PJ1 YW50P 2002 USA
5PN1 YW50P 2002 カナダ
5PJ2 YW50R 2003 USA
5PN2 YW50R 2003 カナダ
5PJ3 YW50S 2004 USA
5PN3 YW50S 2004 カナダ
5PJ4 YW50T 2005 USA
5PN4 YW50T 2005 カナダ
5PN5 YW50 2006 カナダ
5PJ5 YW50X 2008 USA
5PN6 YW50X 2008 カナダ
5PJ6 YW50N 2009 USA
5PN7 YW50NA 2009 カナダ
5PJ7 YW50Z 2010 USA
5PN8 YW50Z 2010 カナダ
5PJ8 YW50A 2011 USA

まず、モデル名のプリフィックスが統一されていないが、これは資料によってもやはりバラバラで、どれに合わせようか少し悩んだところ。結局、パーツカタログに合わせることに。2006年から2007年にかけて発売されていない年が出てきている。これは C3 (日本では VOX)の発売の影響で、置き換えを考えていたのか、それとも単純に販売数が分かれるのを嫌ったのかはわからないが、結局その後2011年まで併売されることとなった。

せっかくなので、年式が異なるが台湾向け 4WX1 と、日本向け 5DA1 と、USA 向け 5PJ1 と、カナダ向け 5PN1 のスペックを比較してみる。

code 4WX1 5DA1 5PJ1 5PN1
台湾 日本 USA カナダ
年式 1997 1998 2002 2002
全長 1895 mm 1890 mm
全幅 635 mm 705 mm
全高 1115 mm 1110 mm
軸距 1275 mm
最低地上高 140 mm 120 mm
装備重量 91 kg 93 kg 94 kg
スパークプラグ BP7HS-10 BPR7HS
1次減速比 52/13 (4.000)
2次減速比 43/13 (3.308) 44/12 (3.666)
キャブレター VM16 Y14P
キャスター 26.5゜
トレール 94 mm 93 mm
Fブレーキディスク径 155 mm 180 mm
Rブレーキドラム径 130 mm
Fフォークインナチューブ外径 26 mm 30 mm
Fサスペンション ホイールトラベル 65 mm
Rサスペンション 取付長 227.5 mm 159.8 mm

キャブレターのニードルの比較を入れても良かったが、そもそも台湾向けはキャブレターが異なり比較にならないため省略した。北米向け YW50 のフロントフォーク周りは BW’s 100 の流用で、インナーチューブなどが太いものとなっている。違いから、各国の位置づけと言うか、落としどころが見えてくる。

YW50 は2012年より4ストロークエンジンとなり、YW50F として発売されることになった。日本では昨年発売終了とのアナウンスがあったが、北米では引き続き発売されている。

次回は2サイクルのYW50のカラーとしたいところだったが、台湾製なため全く揃っていなかった。そのため、カラー一覧は無しの予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*