WR500Zの年式

今日はコンペティションモデルの WR500Z についてを。今日も少し楽をしている気がするが。

WR500Z 1992 4AA1
WR500Z 4AA1

WR500Z は1992年に発売されたモデルで、翌1993年が最後のモデルとなった息の短かったモデル。発売期間が短く、日本で発売されなかったため、日本では見る機会がまずないと言って良いでしょう。


487cc 空冷単気筒と言うことで、ヤマハの2輪車用の中では最も大きな2ストローク用シリンダーではないかと思う。これが船外機になると、2ストローク V6 の 3342cc エンジンなんてあるので、想像しただけで楽しそうなのだけど。487cc エンジンのボア×ストロークは 87.0 x 82.0 mm で、保守用のオーバーサイズピストンも用意されており、1mm のオーバーサイズを使用すると 499cc となる。これは計算された排気量だったのか偶然だったのか。

この WR500Z は、USA とオーストラリアのみ販売されて、その他の国では販売されなかった。そんな WR500Z の年式一覧を。

code name year country remarks
4AA1 WR500ZD 1992 USA、オーストラリア
4AA2 WR500ZE 1993 USA、オーストラリア

各年式でのカラーは1色なので、全2色となる。いつものように、カラー一覧も。

code year photo
4AA1 1991 PURPLISH WHITE SOLID 1
WR500Z 4AA1 A
4AA2 1998 PURPLISH WHITE SOLID 1
WR500Z 4AA2 A

2ストロークでのこの排気量帯は WR500Z が最初で最後となる。その後、4ストロークの WR400F が1998年に発売となり、WR426F、WR450F と進化していく。

1992年当時 WR250Z でさえ水冷であったのに、なぜ空冷のエンジンが使われたのか。それは YZ490 のエンジンを流用したため。YZ490 は1982年から1990年まで発売されたモデルで、モトクロスとエンデューロの違いはあるが、エンジン的に WR500Z は YZ490 を受け継いだ形となっている。

YZ490 1990 3MJ2
YZ490 3MJ2

前の YZ490 の名前があるし、後には WR426F の名前もあるので、WR490Z でも良かったのだろうけど、WR500Z という販売名となった。色々と事情があってのことなのでしょう。スペックの比較でもしようと思ったが、検索すれば簡単に見つかるので今日はここまでにして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*