XMAX日本向けの特徴など

少し XMAX (250) の日本向けの情報が入ってきたので、インドネシア向けなどと比較しようかと。

CZD250 2018 BG63 [X-MAX 250]
CZD250 BG63

CZD250 の XMAX (X-MAX 250) が発売されているのは三カ国で、その三カ国はインドネシアと日本とトルコ。これ以外に 300cc クラスではなく 250cc クラスが発売される可能性があるのはマレーシアぐらいなのだけど、今のところマレーシア向けは確認されていない。


ということで、まずは現在発売が確認されているモデルコード一覧を。トルコは XMAX 300 と XMAX 250 の両方売られている珍しい国である。

code name year country remarks
BG61 CZD250-A 2017 インドネシア
BG62 CZD250-A 2018 日本
BG63 CZD250-A 2018 トルコ

メインハーネスを追っていくと、インドネシア向けには無くて、日本向けとトルコ向けには付いているコネクタがあった。これは何だろうと追っていって判明した。グリップヒーター用のコネクタで、確かにインドネシア向けには不要だなと納得。だけど、朝5時のクリムト山頂とかは寒かった記憶がある。

グリップヒーター
GRIP HEATER

インドネシア向けとトルコ向けには無いが、日本向けだけに付いているコネクタもあった。そのコネクタは何かと追っていくと、多分だけど盗難防止アラームのもの。

盗難防止アラーム
Antitheft Alarm

日本向けは他にも排出ガス規制に対応するために ECU なども変更になっており、さらに点火時期も早くなっているようである。パーツカタログがまだ出てないようだけど、試しに ECU の部品番号 BG6-H591A-10 を部品情報検索に入れてみたら「価格未定」の扱いだった。早すぎたようである。

XMAX 300 でもだが、スパークプラグが少し特殊で LMAR8A-9 を使っている。オイルフィルターは 1S7-E3440-00 で、元々 T135 Jupiter で使われて YZF-R15 などでも使われているもの。どちらも部品の入手は問題なさそうだけど、値段が安くはないので維持費に少し響いてきそうである。とは言っても、XMAX 300 も入れるとグローバルモデルで、台湾やタイでも発売されているため、少し経てばアフターパーツが色々と出てくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*