YZF-R7の年式

今日は YZF-R シリーズで YZF-R46 と同じぐらい売れていない(と言うかどちらも限定数発売)の YZF-R7 について。

YZF-R7 5FL1
YZF-R7_5FL1_00

レースでのホモロゲーションに対応させるための所謂ホモロゲーションモデルで、OW-02 という名前も付けられていた。


販売台数は500台で、値段は400万円以上するとんでもない高さ。しかし、その値段が納得できる装備や性能であった。
モデルコードは 5FL で、5FL1 のみ。1モデルのみなので、プロダクションコードを入れてみた。

code Production
code
NAME YEAR COUNTRY
5FL1 010 YZF-R7 1999 Italy
5FL1 020 YZF-R7 1999 Germany
5FL1 030 YZF-R7 1999 France
5FL1 040 YZF-R7 1999 UK

見ての通り、同じモデルコードにも関わらずフランスが含まれている。どういうことかと言うと、フランスの馬力規制にかかってしまうため、106馬力になってしまうということ。
各国での部品の違いは、UK 向けが左側通行のためにヘッドライトのレンズが異なっているが、他は同じ。つまり、フランス以外の国向けも106馬力になってしまっている。

と言っても、レースに使われる前提のモデルであるので、レースキットなどを装着することで160馬力以上になるのだとか。同じカラーの1999年の YZF-R6 と、2000年の YZF-R1 と比較してみる。

YZF-R6 1999 5EB1
YZF-R6 1999 5EB1
YZF-R7 1999 5FL1
YZF-R7 1999 5FL1
YZF-R1 2000 5JJ1
YZF-R1 2000 5JJ1

シートとかハンドル位置とか、レースのためのものだなと感じる。そんな YZF-R7 も15年前のモデルなので、そろそろ部品が出なくて大変になってくる時期なんじゃないかと。プラグ1本とっても、RO256R-10 という聞いたことないようなプラグで、日本のヤマハで部品として入手しようにも販売終了になっている。

FJR1300の白バイの年式

FJR1300 の白バイ仕様についてを。

FJR1300AP
FJR1300AP

FJR1300 のポリス向け車両は FJR1300AP という名前で、今年のモデルチェンジで FJR1300P-A となった。VFR800P に引きずられてか FJR1300P と書いている web ページを見かけるが、それは間違い。


FJR1300 は2001年に登場したが、ポリス向けは2006年から。

FJR1300AP
FJR1300AP

いつものようにモデルコード一覧を、まずは 5P5 のモデルコードから。

code name year country remarks
5P51 FJR1300AP 2006 Belgium, France
5P52 FJR1300AP 2006 Europe, South Africa
5P53 FJR1300AP 2007 Belgium, France
5P54 FJR1300AP 2007 Europe, South Africa
5P55 FJR1300AP 2008 Europe, South Africa
5P56 FJR1300AP 2008 Belgium, France
5P57 FJR1300AP 2008 Australia
5P58 FJR1300AP 2009 Europe, South Africa
5P59 FJR1300AP 2009 Belgium, France
5P5A FJR1300AP 2009 Australia
5P5B FJR1300AP 2010 Europe
5P5C FJR1300AP 2010 Belgium, France
5P5D FJR1300AP 2010 Australia
5P5E FJR1300AP 2010 South Africa
5P5G FJR1300AP 2012 Australia
5P5H FJR1300AP 2012 Belgium, France
5P5J FJR1300AP 2012 Europe
5P5K FJR1300AP 2012 South Africa

2013年のモデルチェンジで FJR1300 は 1MC(FJR1300A/FJR13A)、 1MD(FJR1300AS) になった。それに合わせてポリスモデルも 2BC となる。

code name year country remarks
2BC1 FJR1300AP 2013 Belgium, France
2BC2 FJR1300AP 2013 Europe
2BC3 FJR1300AP 2013 Australia
2BC4 FJR1300AP 2013 South Africa
2BC5 FJR1300AP 2014 Japan
2BC6 FJR1300AP 2014 Australia
2BC7 FJR1300AP 2014 Japan
2BC8 FJR1300AP 2015 Spain
2BC9 FJR1300AP 2015 Spain
2BCB FJR1300AP 2015 Australia
2BCC FJR1300AP 2015 South Africa

2014年でようやく日本向けがでた。
今年モデルチェンジが行われて、ポリスモデルは BK5 になった。それと同時にモデル名が FJR1300AP から FJR1300P-A に変更になる。

code name year country remarks
BK51 FJR1300P-A 2016 Europe
BK52 FJR1300P-A 2016 Belgium, France
BK53 FJR1300P-A 2016 Australia
BK54 FJR1300P-A 2016 South Africa
BK55 FJR1300P-A 2016 Spain

新型については情報をあまり持っていないので、2BC についての情報で。サイドボックスを付けている人は気になるボックスのガード。

FJR1300AP right side box guard

右側のガードの中に丸い謎の部品がある。どうも日本向けの FJR1300AP には付いてないようなのだけど、何に使うのかよくわからない。上にフックがあるので、ヘルメットを置く場所なのだろうか。ズームして少し明るくしてみた。

FJR1300AP circle

左側のサイドボックスガードにはその丸いものは付いていない。その代わりに、引き起こしの際に握る部分が追加されている。これはポリス装備のリアボックスを付けているためグラブバーが無くなり、引き起こしの際に握る場所がなくなったために付いたもの。

FJR1300AP side box guard

この 2BC 向けサイドボックスガードで、丸い部品が付いていない日本向けの部品番号は、右側が 2BC-2842K-00 、左側が 2BC-2841K-00 になる。ヤマハの部品情報検索で部品番号を入れてみたら、どちらも税込み21060円で、左側のみ在庫ありだった。ひょっとしたら注文できるのかもしれない。

2018年8月8日追記
謎の丸い部品は、消化器を載せる台だった。POCO さん、情報ありがとうございました。

fire extinguisher on FJR1300A-P

Features FJR1300P-A (Police)

Special thanks to rjen[FJR-club Nederland]