yml のすべての投稿

YL50 BJ のカラー

ちょっと時間が空いてしまったが、今日は YL50 [BJ] のカラーについて。調べてみると、こんなにカラーバリエーションがあったのかと驚かされた。

YL50 2004 5XN1 [BJ]
YL50 5XN1

この YL50 [BJ] 発売の陰に HONDA TODAY の成功があり、価格帯が最安となる位置付けのモデルとしての発売であった。1990年代始めの SH50 MINT 対 HONDA PAL の再現のようにも見えた。


カラーバリエーションが多い=売り上げ台数が多い、という単純式があって、この式から考えるとかなりの売り上げがあったことになる。2004年の 5XN1 と 5XN2 ではリコールが出ているために販売台数がわかっており、合わせて5万6000台とやはり単純式の通りになっている。その YL50 [BJ] のカラー一覧を。

code year photo
5XN1 2004 BLACK 2
YL50 5XN1 A


FAIRY SILVER
YL50 5XN1 B


WHITE METALLIC 1
YL50 5XN1 C


DARK VIOLET METALLIC A
YL50 5XN1 D


LIGHT GRAY METALLIC K
YL50 5XN1 E


PALE MAGENTA METALLIC
YL50 5XN1 F


LIGHT GRAYISH BLUE METALLIC 8
YL50 5XN1 G


PLAE PURPLISH BLUE METALLIC 1
YL50 5XN1 H
5XN2 2004 BLACK METALLIC X
YL50 5XN1 A


FAIRY SILVER
YL50 5XN1 B


WHITE METALLIC 1
YL50 5XN1 C


DARK VIOLET METALLIC A
YL50 5XN1 D


LIGHT GRAY METALLIC K
YL50 5XN1 E


PALE MAGENTA METALLIC
YL50 5XN1 F


LIGHT GRAYISH BLUE METALLIC 8
YL50 5XN1 G


PLAE PURPLISH BLUE METALLIC 1
YL50 5XN1 H
5XN3 2005 FAIRY SILVER
YL50 5XN3 A


BLACK METALLIC X
YL50 5XN3 B


NEW PEARL WHITE
YL50 5XN3 C


LIGHT GRAY METALLIC K
YL50 5XN3 D


VIVID ORANGE SOLID 2
YL50 5XN3 E


PALE MAGENTA METALLIC
YL50 5XN3 F


PLAE PURPLISH BLUE METALLIC 1
YL50 5XN3 G


DARK PURPLISH BLUE METALLIC B
YL50 5XN3 H
5XN4 2006
5XN5 2006 FAIRY SILVER
YL50 5XN6 A


BLACK METALLIC X
YL50 5XN6 B


NEW PEARL WHITE
YL50 5XN6 C


DARK PURPLISH BLUE METALLIC B
YL50 5XN6 D


DULL RED METALLIC D
YL50 5XN6 E


LIGHT GRAY METALLIC K
YL50 5XN6 F


VIVID ORANGE SOLID 2
YL50 5XN6 G


PLAE PURPLISH BLUE METALLIC 1
YL50 5XN6 H
5XN6 2007

2004年に 5XN1 と 5XN2 のモデルが2つ発売されている。地味に BL2 から SMX へと色の変更があったが、それ以外に AI システムの搭載の変更が入っている。AI システム搭載の影響で、インテークマニホールド、キャブレター、ウェイトローラー、クラッチにも変更があり、CDI も更新が入った。
排出ガス規制ではないタイミングで AI システムが入ったのは珍しく、結果的に AI システムが無かったことで走行とのバランスがうまく取れなかったのかと想像してしまう。エンジン周りで変更されたところを中心に抜き出してみる。

code 5XN1 5XN2
年式 2004 2004
一次減速比 48/13 (3.692) 48/13 (3.692)
変速比 2.058-0.849 : 1 2.183-0.896 : 1
二次減速比 42/13 (3.231) 42/13 (3.231)
アイドリング回転数 1300~1800 rpm 1700~1900 rpm
クラッチイン回転数 3000~3400 rpm 3300~3700 rpm
メインジェット #68 #70
メインエアジェット 1.2 2.0
パイロットジェット #44 #43
スタータージェット #50 #43

スペックだけを見ると高回転型になり、燃費が悪くなったと予想できる。排出ガス規制により、他のモデルも含めて2サイクルエンジンを搭載したモデルは2007年が最終年となる。BJ は4サイクルモデルでの後継機種は発売されず、非常に短い期間のモデルとなった。

YL50 BJ の年式

今日は BASIC JOG の略称 BJ の名前で販売されていた YL50 の年式についてを。YL50 は日本でのみ発売されたモデルで、台湾製造であった。

YL50 2007 5XN6 [BJ]
YL50 5XN6

YL50 [BJ] は2サイクルエンジンを搭載したモデルで、2004年から2007年の年式で発売されていた。排出ガス規制により発売終了になり、年式としては4年ほどの短いモデルである。


いつものように、年式一覧を。全て日本向けなため、フレーム型式を入れている。使われたモデルコードは 5XN のみで、海外向けもなかったためシンプルな表となった。

code name year frame remarks
5XN1 YL50 2004 SA24J
5XN2 YL50 2004 SA24J
5XN3 YL50 2005 SA24J
5XN4 YL50 2006 SA24J
5XN5 YL50 2006 SA24J
5XN6 YL50 2007 SA24J

台湾製造ということで、このモデルには原型があり、台湾で販売されていた YJ50D [JOG BASIC] がそれにあたる。YJ50D [JOG BASIC] は YJ50AE [JOG PRO] をベースに廉価版として販売されたモデルで、BJ の名前もそこから来ている。YJ50AE [JOG PRO], YJ50D [JOG BASIC], YL50 [BJ] を写真で比較してみる。

YJ50AE 1998 4UE2 [JOG PRO]
YJ50AE 4UE2
YJ50D 1999 5GY1 [JOG BASIC]
YJ50D 5GY1
YL50 2004 5XN1 [BJ]
YL50 5XN1

ぱっと見て外観は同じように見えるが、シートやキャリアの変更、クランクケースカバーの追加などが行われている。見えないところでも、バッテリー位置の変更や、アクセルワイヤーをスロットル位置から2本に変更していたりと、日本向けに合わせて色々と変更が行われた。

YJ50D [JOG BASIC] から5年近く開いて、YL50 [BJ] の発売となったが、この5年をどう考えるか。日本で発売する前で不具合が出きったところで発売なんだろうかと想像してしまう。