MTの末弟MT125

MT シリーズ発売初期にあった鼓動というコンセプトはだんだん薄くなり、それと共に売れてきたのは皮肉なことだけど、そんな MT シリーズで一番排気量が少ない MT125 の話を。

MT-125_5D7L_A_00

フレームを含めて全体的な構成は YZF-R125 と同じもの。2015年に使っていたモデルコードは 5D7 で YZF-R125 と共通であるぐらい。2016年から新しいモデルコード BR3 を使い出した。同じモデルコードで、欧州以外にもイスラエルやトルコでも発売している。

code name
year
photo
5D7C MT125
2015
MT-125_5D7C_A_00
MT-125_5D7C_B_00
5D7D MT125A
2015
5D7L MT125
2015
MT-125_5D7L_A_00
5D7M MT125A
2015
BR31 MT125
2016
MT-125_BR31_A_00
MT-125_BR31_B_00
BR32 MT125-A
2016
BR33 MT125
2016
MT-125_5D7L_A_00
BR34 MT125-A
2016

製造はヤマハフランスと言うか MBK の工場。125cc で欧州の A1 免許向けとなっているが、値段の影響かアジアなど市場に向けて輸出はされていない。


フルカウルモデルは倒立フォークで、ネイキッドになると正立フォークにしたりすることが過去によくあったが、MT-125 はそのまま倒立フォークを採用。YZF-R125 同様の軽量ホイールに対向4ポットのブレーキを装備している。これだけでもかなり魅力的。

YZF-R15_5D7C_B_10

YZF-R125 を買って MT125 風にしたりと遊ぶのは面白そうだけど、いかんせん値段が高い。タイ辺りで生産して安くしてくれないものかな。

トリシティ155の発売間近か

夏に発売すると噂のトリシティの 155cc 版。この TRICITY 155 なのだけど、どうも予想よりも早くて今月か遅くても来月に発売されそうな感じである。

TRICITY155_BB81_C_00

モデルコードは、BB8 で、ヨーロッパモデルが最初に発売されて BB81 に。モデル名は、トリシティ 125 が MW125 なので、そのまま MW155 になると思っていたが、MWS150 となる。

トリシティ125 との装備の違いで大きいところは、パーキングブレーキが付いたこと。左ハンドルにレバーが付いている。

TRICITY155 Parking Brake Lever

そのため、後輪にはドラムブレーキとディスクブレーキの両方を装備している。自動二輪車では非常に珍しい。

TRICITY155 Rear Brake

パーキングブレーキは、坂道で止まったときに非常に役立つもの。ホンダのジャイロはパーキングブレーキと同時に車体が倒れないように固定するものだったけど、このトリシティ155のパーキングブレーキは、ブレーキのみの機構である。

トリシティ125に乗っていたら気になる LED ヘッドライト。周りの部品とかを見てみる限り125にも付きそうな感じ。やってみないと、わからないけど。

TRICITY155 head light

日本向けトリシティ125 ABS と、この新しいトリシティ155 ABS との比較をしてみる。

TRICITY125 ABS
MW125A 2CMT
TRICITY155 ABS
MWS150A BB81
全長 1,905 mm 1,980 mm
全幅 735 mm 750 mm
全高 1215 mm 1,210 mm
シート高 780 mm 780 mm
軸距 1,310 mm 1,350 mm
最低地上高 120 mm 125 mm
装備重量 156 kg 165 kg
燃料タンク容量 6.6 リットル 7.2 リットル
前輪タイヤ 90/80-14 90/80-14
後輪タイヤ 110/90-12 130/70-13
前ブレーキ 220 mm ディスク 220 mm ディスク
後ブレーキ 230 mm ディスク 230 mm ディスク
排気量 124 cc 155 cc
ボア×ストローク 52.4 × 57.4 mm 58.0 × 58.7 mm
最高出力 8.1 kW / 9000 rpm 11.1 kW / 8000 rpm
最大トルク 10.0 Nm / 5500 rpm 14.4 Nm / 6000 rpm
原動機種類 SOHC 2バルブ SOHC 4バルブ

最近ヤマハが推し進める BLUE CORE エンジンになった影響か、4バルブのエンジンになった。あとは、後輪サイズが大きくなったことが、走行にどう現れるか気になるところ。

今後、日本で発売されるだろうか。これから様子を見ながら。