南アフリカ仕様って

逆輸入車では、良く北米仕様とか南アフリカ仕様、オーストラリア仕様などを見かけたりする。以前の北米仕様は、ほとんどがカナダ仕様のことなんだけど、それにしても南アフリカ?と思ってしまう。


今日はそんな南アフリカ仕様がなぜ輸入されるのか、という話を。今回は逆輸入されていないけど、ヨーロッパ・南アフリカ向けの SR400 である 2RD1 を例にとってみる。

SR400_2RD1_A_00

この 2RD1 のプロダクションコードを見てみると、ヨーロッパ各国と南アフリカの国が描かれている。

SR400_2RD1_pcode_table

それとスロベニアが入っているが珍しいが、こんな感じで、ヨーロッパ向けと南アフリカ向けは一緒になっていることがほとんど。理由の1つがそこにある。

さらに、この中で左側通行の国は、英国、アイルランド、キプロス、南アフリカの4か国。機種によって、ヘッドライトのレンズカットが左右の通行国で異なっており、この SR400 も右側通行と左側通行の国によってレンズが異なっている。

SR400_2RD1_lens_assy

じゃ、英国仕様にすれば良いでは?となるのだが、そうならない理由が2つある。1つは、上記の国の中で唯一、制限速度がマイル表記の国だからである。スピードメータの部品を見てみる。

SR400_2RD1_speed_metre

このマイル表示は USA でも使われているので、北米仕様として日本に入ってきているのはカナダ仕様が多い理由にもなる。と言っても、最近はデジタルメータを採用することが多く、ボタンで km/h と m/h を切り替えできるようになってきている。

今回の場合だと、アイルランド向け、キプロス向け、南アフリカ向けが左側通行用のヘッドライトで、メータが km/h 表示になる。じゃ、アイルランド向けが輸入されても良いのじゃない?と思うのだけど、もう1つの理由があって、あまり現実的ではない。ヨーロッパから日本まで輸送するには、スエズ運河を通るか南アフリカのアガラス岬を経由することになる。

sea_route_from_eu

スエズ運河を通るには船のサイズが限られ、さらに通行料が必要。ソマリア沖やマラッカ海峡を通ることで保険料も高くなる。わざわざ輸送料が高いヨーロッパからではなく、南アフリカから輸入した方が有利となる。

そんな理由から、ヨーロッパ向けとほとんど同じ「南アフリカ仕様」が日本に入ってくる状況である。北極海航路の様子によっては、これが変わってくるかもしれない。

ヤマハの方のSX-4

SX-4 と言えばスズキのコンパクトカーなのだけど、ヤマハも SX-4 を出していた。ペットネームは、2004年まで SCORPIO で、2005年以降は SCORPIO-Z と呼ばれている。

インドネシア生産で、エンジンはセロー225や TW225 と同じ 223cc のもの。今で言う YBR250 のような感じ。


モデルコードは 5BP で、2011年に大きなモデルチェンジをして 54D になった。

photo code name year
SX-4_5BP1_A_00 5BP1 SX-4 2001
SX-4_5BP2_A_00 5BP2 SX-4 2004
SX-4_5BP3_B_00 5BP3 SX-4 2005
SX-4_5BP4_B_00 5BP4 SX-4 2006
SX-4_5BP6_B_00 5BP6 SX-4 2008
SX-4_5BP7_B_00 5BP7 SX-4 2008
SX-4_5BP8_B_00 5BP8 SX-4 2009
SX-4_5BP9_B_00 5BP9 SX-4 2009
SX-4_54D1_A_00 54D1 SX-4 2011
SX-4_54D2_A_00 54D2 SX-4 2012
SX-4_54D3_A_00 54D3 SX-4 2013
n/a 54D4 SX-4 2014
SX-4_54D5_A_00 54D5 SX-4 2014

54D4 の写真は、インドネシアヤマハのページに見つからなかったので、本当は売っていないのではと思ったりしたが、インドネシアにあるページで確認できた。そのページによると、500台の限定生産なんだとか。

モデルチェンジ前の 5BP4 や 5BP7 がモデルコードそのままで、オーストラリアやニュージーランドに輸出され発売される。ニュージーランドでは売れなかったためか、5BP7 が2011年までラインナップに並んでいた。未確認だが、5BP4 が中南米に輸出されたとの話もある。

インドネシアでは、150cc でスタイリングが似ている V-IXION/BYSON が出ていたり、MT-25 が発売されたため、2014年モデルを最後に生産終了になってしまった。