MXT850 NIKEN が日本でも発売に

日本でも MXT850 NIKEN が発売されることになった。日本の交通事情や値段を考えると、爆発的に売れることはないだろうけど、走っている姿のインパクトは大きそうである。

MXT85 BD58 [NIKEN]
MXT85 BD58

日本向けの NIKEN のモデルコードは BD58 になった。BD51 がヨーロッパ向け、BD52 がオーストラリア向けなので、5つ間が空いている。US 向けは BD5A となったので、5つ空いたモデルコードにはアジア圏の国がいくつか入ってきそうである。年式は2018年になるのか2019年になるのか確認中。


まず、ヨーロッパ向けと日本向けで写真を比較してみる。カラーは同じ DARK GRAY METALLIC G なのだけど、光の具合で違っているように見える。

MXT850 BD51 [NIKEN] ヨーロッパ
MXT850 BD51
MXT850 BD58 [NIKEN] 日本
MXT850 BD58

まず目に付いたのが、シート形状が異なること。シートが低くなっているように見えたので、背の低い日本人のためにシート高を下げたのかと調べてみたが、シート高は同じだった。シート形状で足つきを改善しているのでしょう。

MXT850 BD51 [NIKEN] ヨーロッパ
MXT850 BD51
MXT850 BD58 [NIKEN] 日本
MXT850 BD58

あとは殆ど同じだが、マフラー下を通っているガードのような部品の質感があがっている。写真では見えない部分でも、改善が入ってそうである。

MXT850 BD51 [NIKEN] ヨーロッパ
MXT850 BD51
MXT850 BD58 [NIKEN] 日本
MXT850 BD58

こちらもほとんど同じだが、ヨーロッパ向け、日本向けのスペックを比較してみる。US 向けも比較に入れたかったのだけど、使用している単位がメトリックではないのでやめることに。

モデル名 MXT850 MXT850
モデルコード BD51 BD58
欧州 日本
年式 2018 不明
全長 2150 mm 2150 mm
全幅 885 mm 885 mm
全高 1250 mm 1250 mm
軸距 1510 mm 1510 mm
シート高 820 mm 820 mm
最低地上高 150 mm 150 mm
装備重量 263 kg 263 kg
燃料容量 18.0 l 18.0 l
ボア×ストローク 78.0 × 59.1 mm 78.0 × 59.0 mm
排気量 847.2 cc 845.8 cc
圧縮比 11.5 : 1 11.5 : 1
1次減速比 79/47 (1.681) 79/47 (1.681)
2次減速比 47/16 (2.938) 47/16 (2.938)
Fタイヤサイズ 120/70 R15 120/70 R15
Rタイヤサイズ 190/55 R17 190/55 R17

ボア×ストロークの値が違っており、その影響で排気量に数 cc の違いが出ている。これは、誤差の範囲内なのか、意図的なものなのか。現在発売中の Tracer 900 などでの表記を確認すると、はやりストロークが 0.1 mm 違っており、パーツカタログで確認してみるとシリンダヘッド、シリンダ、クランクが同じ部品なので、誤差の範囲内ということになる。

それにしても、NIKEN が日本で見られる日が楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*