AT125の年式

前回の AT135 からの流れで、今日は AT125 の年式について。と思っていたが、検索すると想定していた AT125 は既に AT125F の年式として書いていた。じゃ、どうしようかと悩んだあげく、AT125 の年式と書いてしまったからには、古い AT125 の年式を書こうということで、1970年発売の AT125 の年式について。

AT125 1971 317
AT125 317

AT125 は AT-1 の後継として発売されたモデルで、マイナーチェンジもあったが名称のルール変更により AT125 となった。1971年のモデルチェンジで、「野をかける精悍さを表現」のキャッチコピーが付けられ、ピストンリードバルブが採用される。


AT125 は販売名で、モデル名は AT1 / AT2 であったり AT125 だったりと、資料によって違っていたりする。ここでは AT1 / AT2 ということにするが、海外では一部同じモデルコードで AT3 となっていたりもする。1970年代の前半ということもあり今回は確認が大変で、少し情報に不安があったりもするが、いつものようにモデル一覧を。

code name year country remarks
265 AT1 1970 日本 AT125
316 AT2 1972 国外 AT2 / AT3
317 AT2 1971 日本 AT125
318 AT2M 1972 国外
345 AT2 1972 日本 AT125

海外向けはどこの国へ輸出されたのかはっきりとした資料がなかったため、国外という表記にした。各年の比較をしてみる。

AT125 1970 265
AT125 265
AT125 1971 317
AT125 317
AT125 1972 345
AT125 345

この後、このフレームを使った DT125 へと繋がっていく。

予告したからにはという勢いで書いたが、1970年代なのもあってだいぶ後悔をしたりして。次回は東南アジアの AT シリーズに戻って、AT115 の年式にしようかどうしようか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*