インドネシアでLEXiが発売に

先週から何か書き忘れてる気がしてならなかったのだけど、昨日ふと思い出した。インドネシアで発売された LEXi のことを忘れていたのだった。

LEXI-S 2018
LEXI-S 2018

もう1か月半前になるが、インドネシアで1月15に LEXi と LEXi-S が発売された。見た目は XMAX をスッキリさせたと言うか、NMAX をスリムにしたと言うか。


4月に発売予定のようである。モデルコードは調べてみたが今のところ不明。モデルコードが判明してから書こうと思っていて、こんなに過ぎてしまった。フレーム形式は SEF32 が使われそうである。

2018年6月19日追記
モデル名は GDS125 で、モデルコードは B3F が割り当てられ、LEXi が B3F1 に、LEXi-S が B3F2 になった。
LEXI-S 2018

LEXi-S は LEXi の上位モデルで、イモビライザー付きキーレスと、リザーバー付きリアサスペンション、ステッチが入った別素材のシート地が採用されている。
状況的に日本での発売は難しいでしょう。せっかくなので比較してみることに。LEXi と、日本向け NMAX と、欧州向け XMAX 125 の写真を。

2018 [LEXi]
LEXI 2018
GPD125-A 2018 BV3A [NMAX]
GPD125 BV3A
YP125RA 2018 BL21 [XMAX 125]
YP125RA BL21

同様に LEXi と、日本向け NMAX と、欧州向け XMAX 125 の簡単な比較を。

model LEXi NMAX XMAX 125
発売国 インドネシア 日本 欧州
年式 2018年 2018年 2018年
排気量 124.7 cc 124.7 cc 124.4 cc
ボア×ストローク 52.0 × 58.7 mm 52.0 × 58.7 mm 52.0 × 58.6 mm
圧縮比 11.2 : 1 11.2 : 1 11.2 : 1
出力 8.75 kW 9.0 kW 10.5 kW
トルク 11.3 Nm 12.0 Nm 12.0 Nm
全長×全幅×全高 1970 × 720 × 1135 mm 1955 × 740 × 1115 mm 2185 × 775 × 1415 mm
装備重量 112 kg 127 kg 175 kg
前輪タイヤ 90/90-14 110/70-13 120/70-15
後輪タイヤ 100/90-14 130/70-13 140/70-14

同じエンジンだと思っていたが、XMAX 125 はストロークが 0.1mm 短くなっている。そんなことよりも、XMAX 125 の大きさと重さが際立っている。LEXi は車体に対してうまく軽量に仕上げている感じ。

このモデルが他の東南アジアで発売されるか、売り上げはどうなのか、LEXi は歴史を作ることができるのか、しばらく注目していきたいと思う。

「インドネシアでLEXiが発売に」への2件のフィードバック

  1. N-MAXもX-MAXもカッコイイんだけどLEXiの軽さとステップボードがフラットなのに14インチのタイヤで悪路走破性もあるのはスクーターとして真っ当な形なのかも、原付きの軽さは本当にすべての性能を底上げする気がします、デザインは微妙だけど。関係ありませんがX-MAXはラジエーターが前に付いているんですね。

    1. LEXi は最初見たときに「え?」と思ってしまったのですが、スペックを見たあとは「ありかも」と変わっていました。ヤマハにしては珍しいですね。
      どこかの輸入会社が販売することになったら、見に行こうかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*