YZ65の発売

今日は2月11日に発表された YZ65 について。本当はあまりコンペティションモデルは扱わないのだけど、新設計ということで取り上げようかと。

YZ65 2018
YZ65 BR81

新設計のフレームに、新設計の水冷 64.8cc のエンジンを搭載している。車体サイズ的には子供向けで、フロントホイールが14インチ、リアホイールが12インチとなっている。


モデルコードなどについて詳細が入ってこないが、フレーム型式は CB11C になり、モデルコードは BR8 が使われて BR81 になりそうである。詳細不明のため、いつものモデルコードの表は省略して。

YZ65 BR81

昨年モデルの YZ シリーズの中で一番排気量が少ないのは YZ85 で、YZ85 ではフロントホイールが17インチの YZ85 (1SN) と、フロントホイールが19インチの YZ85LW (1SP) の2バリエーションを発売していた。YZ85 も YZ85LW も早々に2018年モデルが発売されているが、ヨーロッパなどで発売されていた YZ85LW は YZ65 の web ページ掲載と共に消されてしまったので、ヨーロッパでは発売終了になるようである。
日本と北米で発売されていた YZ85 (1SN) は北米で継続販売されているため YZ65 との併売になるようである。日本では未だに YZ65 の発表はないため、どのように扱われる予定なのだろうか。

YZ65 BR81 engine

既に色々なページに掲載されているため、スペックについては省こうと思ったが、新設計なのでエンジン周りのスペックを中心に YZ85 と比較してみる。

model YZ65 YZ85
年式 2018年 2018年
排気量 64.8 cc 84.7 cc
ボア×ストローク 43.5 × 43.6 mm 47.5 × 47.8 mm
圧縮比 8.1 : 1 8.1 : 1
キャブレター PWK28 PWK28
変速 6速 6速
全長×全幅×全高 1615 × 760 × 1000 mm 1820 × 760 × 1125 mm
装備重量 61 kg 71 kg
前輪タイヤ 60/100-14 70/100-17
後輪タイヤ 80/100-12 90/100-14

コンペティションモデルなので当たり前なのだけど、えらく重量が軽い。この重量の車体なので、64.8cc エンジンの馬力がどのぐらい出ているのかが気になるところ。

「YZ65の発売」への2件のフィードバック

  1. このエンジンにはYPVSがついているらしいとどこかに書いてありましたオフロードのレーサーだけに機械式だと思いますが胸が熱くなります、バルブを作動させるロス馬力と得られる効果との特失差にもドキドキしますが。

    1. 機械式のようです。
      コンペティションモデルは毎年のように変更されているので、毎年とは言わないまでも何年かに1回は乗ってドキドキしたいもんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*