ヤマハは本気でNIKENを出すようだ

ヨーロッパヤマハからいくつかの2018年モデルの発表があった。その中で、出すとは思っていなかった NIKEN が来年発売になるらしく。

MXT850 2018 [NIKEN]
MXT850 2018

NIKEN のモデル名は MXT850 となる。それにしても、真横から見ると、かなりの違和感を感じる。


ペットネームは漢字だと「二剣」なのだけど、ローマ字では NIKEN と書いて「ナイケン」と読むようである。それにしても、本当にこの名前で出すの?という感じで。もう少し何かあったでしょと考えてしまう。

MXT850 2018 banner

せめてバナーの漢字ぐらい、もう少しちゃんと書いた方が良い気がするのだけど。この変なフォントは誰が書いたものだろう。

2015年のモーターショーで発表された MWT-9 を見て、これは発売されないのだろうなとなんとなく考えていたが、まさかそれに近いものが本当に発売されるとは想像もしていなかった。せっかくなので、MWT-9 と MXT850 NIKEN の比較をしてみる。

MXT850 2018 [NIKEN]
MXT850 2018
MWT-9 2015
MWT-9 2015

少し尖った部分が減ったが、想像していたよりも MWT-9 に近い形で驚いた。正面からのインパクトは Can-Am Spyder に負けてないかも。

問題は売り上げがどうなるか、というところで。前輪の倒立フォーク周りの構造を見るだけでも値段に響くのは明らかだし、重量にも響いてくる。それを上回るハンドリングと楽しさが得られるかどうかというところ。

MXT850 2018

雨の日の安定感はありそうだけど、トリシティと違って足の前に何もないので、すぐにびしょ濡れになりそうな気がする。そうすると、シフトペダルとかブレーキペダルのオイル切れも心配だし。逆にラジエターには直接風が入って良さそう。それと、後輪のパンクも減るでしょう。

2018年の後半に発売とのことだけど、売り上げがどのようになるのか楽しみである。また情報が入り次第、続報を書く予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*